fc2ブログ
ミルラのオフィシャルブログ 
2024/03«│ 2024/04| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2024/05
09:00:06
2024年になりました、
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

占星術で1日のはじまりは日の出ということで、
2024年1月1日(月)は月時間でスタートしましたね(=^・^=)

2024年での天体の大きな動きとしては
一番動きの遅い冥王星が本格的に水瓶サイン入りします。
本格的に、というのは、
冥王星は2023年3/24に1度水瓶サインに入ったのですが、
逆行して6/11に山羊サインに戻りました。
2024年1/21に再び水瓶サインに入り、
逆行して9/2にまた山羊サインに戻り、
11/20にまた水瓶サインに入ってからは、
その後逆行してももう山羊サインには戻りません。
2043年3/9までずぅ~っと水瓶サインに滞在します。

海王星は 魚サインを運行
魚サイン25度から29度まで進んたところで逆行し27度まで戻ります。

天王星は 牡牛サインを運行
牡牛サイン19度から27度まで進んだところで逆行し23度まで戻ります。

土星は 魚サインを運行
魚サイン16度から19度で逆行し12度まで戻り
順行になって14度まで進みます。

木星は 牡牛サインから双子サインを運行
牡牛サイン5度から双子サイン21度まで進んで逆行し13度まで戻ります
牡牛サイン滞在期間2023年5/17~2024年5/26
双子サイン滞在期間2024年5/26~2025年6/10

木星がトランスサタニアンと形成するアスペクトは
4/21 木星と天王星が0度(牡牛サイン21度)
5/24 木星と海王星が60度 (29度)
8/20 木星と土星が90度 1回目 17度
12/25 木星と土星が90度 2回目 14度

天体の逆行期間

冥王星 5/3~10/12
海王星 7/2~12/8
天王星 2023年8/29~2024年1/27と
      2024年9/2~2025年1/31
土星 6/30~11/15
木星 2024年10/9~2025年2/4 
火星 2024年12/7~2025年2/24
金星 2024年の逆行はありません
水星 2023年12/13~2024年1/2
     4/2~4/25
     8/5~8/29
     11/26~12/16

ノードは
ドラゴンヘッド
真値で 牡羊サイン21度から0度まで移動
平均値で牡羊サイン20度から1度まで移動

日蝕
4/9 皆既日蝕 牡羊サイン19度24分 
10/3 金環日蝕 天秤サイン10度03分 

月蝕
3/25 半影月蝕 天秤サイン05度07分 
9/18 部分月蝕 魚サイン25度40分

星食
5/5 火星食
6/20 アンタレス食
7/25と12/8 土星食、
8/10と12/25 スピカ食

水星の最大離角
1/12 西方最大離角
3/25 東方最大離角
5/10 西方最大離角
7/22 東方最大離角
9/5  西方最大離角
11/16 東方最大離角
12/25 西方最大離角



参考情報
増補版21世紀占星天文暦/魔女の家BOOKS 
AstroArts https://www.astroarts.co.jp



にほんブログ村 にほんブログ村

くる天 人気ブログランキング  人気ブログランキング

スポンサーサイト




06:59:06
2023年になりました、今年もどうぞよろしくお願いします。

占星術で1日のはじまりは日の出ということで、
2023年1月1日(日)は太陽時間でスタートしました。

2023年での天体の大きな動きとしては
冥王星  水瓶サイン入り3/24 と
土星 魚サイン入り3/9 がありますね。

冥王星の2023年の動きは
山羊サイン27度38分~水瓶サイン0度R~山羊サイン29度20分

3/24に水瓶サインへの突入の第1回目です。
動きが遅いのと順行と逆行を繰り返すことで、
今後長期間に渡り山羊サインと魚サインを行き来します。
 水瓶サイン滞在期間は
  1回目 2023年3/24~6/11   
  2回目 2024年1/21~9/2
  3回目 2024年11/20~2043年3/9
  4回目 2043年9/1~2044年1/19

海王星
魚サイン 22度51分~27度41分R~25度04分 

天王星 
牡牛サイン 15度09分~23度04分R~19度23分

土星は
水瓶サイン22度22分~魚サイン07度12分R~03度12分
 魚サイン滞在期間は
1回目 2023年3/7~2025年5/25
2回目 2025年9/1~2026年2/14

木星は
牡羊サイン01度08分~牡牛サイン15度34分R~05度34分
 牡羊サイン滞在期間は
  2022年5/11~10/28 と 2022年12/20~2023年5/17 
 牡牛サイン滞在期間は 
  2023年5/17~2024年5/26

トランスサタニアンと木星とのアスペクトは
5/18 木星(牡牛サイン0度)と冥王星(水瓶サイン0度)の90度
6/20 木星(牡牛サイン7度)と土星(魚サイン7度)の60度

ノードは
ドラゴンヘッド
真位置で牡牛サイン11度~牡羊サイン21度(平均値10度~22度)
サイン移動 牡羊サイン入り 7/13(平均値) 7/18(真位置)

日蝕
4/20 金環皆既日蝕 牡羊サイン29度50分 (日本では部分日蝕)
10/15 金環日蝕   天秤サイン21度07分 (日本ではみられません) 

月蝕
5/6  半影月蝕  蠍サイン14度58分  (日本でみられます)
10/29 部分月蝕 牡牛サイン05度09分 (日本でみられます)

星食
1/29 天王星食
3/24  金星食
9/21  アンタレス食
12/12 アンタレス食

天体の逆行期間

水星 2022年12/29~2023年1/18迄、山羊サイン24度~8度
     4/21~5/15 牡牛サイン15度~5度
     8/24~9/16 乙女サイン21度~8度
     12/13~2024年1/2 山羊サイン8度~射手サイン22度
金星 7/23~9/4 獅子サイン28度~12度
火星 2022年10/30~2023年1/13 双子サイン25度~8度
木星 9/4~12/12/31 牡牛サイン15度~5度
土星 6/18~11/4 魚サイン7度~1度
天王星 8/29~2024年1/27 牡牛サイン23度~19度
海王星 7/1~12/6 魚サイン27度~25度
冥王星 5/2~10/11 水瓶サイン0度~山羊サイン27度

水星、金星の最大離角

1/30 水星 西方最大離角
4/12 水星 東方最大離角
5/29 水星 西方最大離角
8/10 水星 東方最大離角
9/22 水星 西方最大離角
12/4 水星 東方最大離角

6/4 金星 東方最大離角
10/24 金星 西方最大離角

金星の最大光度は、7/10 と 9/18 です





にほんブログ村 にほんブログ村へ


くる天 人気ブログランキング 



06:53:06
2022年になりました。
今年もどうぞよろしくお願いします。

占星術で1日のはじまりは日の出ということで、
2022年1月1日(土曜日)は土星時間でスタートしました。
日の出時のチャートではASCが山羊サインなので、
ASCの支配星も土星になりますね。
土星は自身のサインの中でも最も影響力を強める水瓶サインにあります。

土星、天王星、海王星、冥王星も2022年はサインを変えません
土星  水瓶サイン 11度から25度Rで22度まで
天王星 牡牛サイン 10度から18度Rで15度まで
海王星 魚サイン 20度から25度Rで22度まで
冥王星 山羊サイン 25度から28度で戻って27度まで滞在します。

木星は魚サインと牡羊サインを通過します
 魚サイン滞在期間
2021年12/29~2022年5/11、10/28~12/20
 牡羊サイン滞在期間
2022年5/11~10/28、12/20~2023年3/17


木星とトランスサタニアンとのアスペクトは

2/18 木星と天王星の60度 11度
4/12 木星と海王星の合  23度
5/4 木星と冥王星Rの60度 28度

木星と海王星の合では
海王星は2011年にいったん魚サインにはいり、
そして2012年からずうっと、そして今後も長いこと魚サインに滞在するわけですが、
海王星が魚サインに入った当時は木星は牡羊、牡牛サインでしたので、
海王星が魚サインに入って木星が重なるのは今回が最初で最後になるんですね。


ノードは真位置では
1/19 ドラゴンヘッド双子サインから牡牛サインへ
    ドラゴンテイル射手サインから蠍サインへ
平均値では2021年12月23日にサインを変えました

ノードの移動に伴い、
日蝕と月蝕は牡牛サインと蠍サインで起こることになります。

日蝕
5/1 部分日蝕 牡牛サイン10度28分 日本では見れません
10/25 部分日蝕 蠍サイン02度00分 日本では見れません

月蝕
5/16 皆既月蝕 蠍サイン25度17分 日本では見れません
11/8 皆既月蝕 牡牛サイン16度00分(同時に天王星食も起こります)


星食 (月が天体を隠す現象)

5月27日 金星食
7月22日 火星食
11月8日 天王星食


天体の逆行

水星 
1/14~2/4(水瓶サイン10度~山羊サイン24度)
5/10~6/3(双子サイン4度~牡牛サイン26度)
9/10~10/2(天秤サイン8度~乙女サイン24度)
12/29~2023/1/18(山羊サイン24度~8度)

金星
2021年12/19~2022年1/29(山羊サイン26度~11度)

火星
10/30~2023年1/13(双子サイン25度~8度)

木星
7/29~11/24(牡羊サイン8度~魚サイン28度)

土星
6/5~10/23(水瓶サイン25度~18度)

天王星
2021/8/20~2022年1/19(牡牛サイン14度~10度)
2022/8/24~2023年1/23(牡牛サイン18度~14度)

海王星
6/28~12/4(魚サイン25度~22度)

冥王星
4/30~10/9(山羊サイン28度~26度)


水星と金星の離角、金星の最大光度

水星
1/7 東方最大離角
2/17 西方最大離角
4/29 東方最大離角
6/16 西方最大離角
8/28 東方最大離角
10/9 西方最大離角
12/22 東方最大離角

金星
2/13 最大光度
3/20 西方最大離角


ここ数年ずっとコロナ禍で変異株や最近のオミクロン株と続き、
なかなか終息しませんね。
私は昨年はマスクによる肌荒れで悩まされまして、
スキンヘアとヘアケアを見直しました。

今年もいろいろあっても元気で過ごせることを願います。



にほんブログ村 にほんブログ村へ


くる天 人気ブログランキング 




04:24:51
2021年になりました。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

2020年は山羊サインに、木星、土星、冥王星の3天体、
火星が逆行で牡羊サインの滞在が長かったですね。
そして、12月22日 水瓶サイン0度29分
約20年ぶりの大会合(木星と土星の合)がありました。


2021年の天体のうごき、冥王星から木星までを見てみます。

冥王星
山羊サイン 24度10分~25度55分を運行。
逆行期間は 4/28~10/7まで、
山羊サイン 26度48分~24度18分まで戻ります。


海王星
魚サイン 18度28分~20度39分を運行。
逆行期間は 6/26~12/1まで、
魚サイン 23度10分~20度24分まで戻ります。


天王星
牡牛サイン 6度48分~10度57分を運行。 
逆行期間は2020年8/15~2021年1/14迄、
牡牛サイン10度41分~6度43分迄、
と、2021年8/20~2022年1/19迄、
牡牛サイン14度47分~10度49分まで戻ります。


土星
水瓶サイン 1度34分~11度51分を運行。
逆行期間は5/23~10/11迄、
水瓶サイン13度31分~6度52分まで戻ります。

土星の滞在サインと期間は
水瓶サイン1回目 2020年3月22日~7月2日
山羊サイン2回目 2020年7月2日~12月17日
水瓶サイン2回目 2020年12月17日~2023年3月7日 
 

約1年でひとつのサインを駆け抜ける木星はどうでしょうか。

木星
水瓶サイン2度41分~魚サイン0度28分を運行。
逆行期間は 6/21~10/18まで、
魚サイン2度11分~水瓶サイン22度19分まで戻ります。

木星のサイン滞在期間は、
水瓶サイン1回目 2020年12/19~2021年5/14、
魚サイン 1回目 2021年5/14~7/28、
水瓶サイン2回目 2021年7/28~12/29、
魚サイン 2回目 2021年12/29~2022年5/11、


2021年のトランスサタニアンのおもなアスペクトでは、
水瓶サインの土星 と 牡牛サインの天王星 の 90度、
3回形成されますね。
1回目 2/18 7度
2回目 6/15 13度
3回目 12/24 11度

ちなみに天王星と木星の90度もありますが、
1回のみで、1/18 6度で起こります。

木星と天王星の組み合わせは
幸運なチャンス、先見の明、理想を実現する力、
などの意味がありますが、
幸運な変化の場合もあれば、慢心や気まぐれの場合もあります。
自分の理想、目的、や動機などしっかり持って、舵取りをしたいですね。

土星と天王星の組合せは、緊張です。
ストレスやプレッシャーを感じやすいでしょう。
変化も関係しますが、
物事を成し遂げるには努力と忍耐が必要です。
これまでやってきたことに満足と納得いくものがあれば、
次の段階へいくこともできますし、
取組んでいるものが目的と違うならば、
方向転換も必要になるでしょう。

土星と天王星の位置を考慮すると、
不動サインの最初の方に主要な天体や感受点のある方は、
2021年はいろいろと変化があるかと思われます。

ただ、土星も天王星も動きが遅いので、
サインの滞在期間は長期になるので、
2021年に限らず、影響は長期に渡ることになりますね。

土星の水瓶サイン滞在期間、
1回目 2020年3月22日~7月2日
2回目 2020年12月17日~2023年3月7日 

天王星の牡牛サイン滞在期間、
1回目 2018年5月16日~11月7日
2回目 2019年3月6日~2025年7月7日
3回目 2025年11月8日~2026年4月26日



2020年は、コロナウイルスの感染拡大に始まり、
東京オリンピックも延期、
私たち自身、周囲の生活や仕事も大きく影響を受けました。
2021年は終息してほしいですね。

コロナ禍において、
仕事のやり方や生活への取組みの視点の変化はあったと思います。
健康への意識が高まった方も多いかもしれません。

健康第一で無理せずに、頑張りすぎずに、
満足と充実の一年になるように、日々歩んでいきたいです。







にほんブログ村 にほんブログ村へ


くる天 人気ブログランキング 








00:17:27
2020年になりました。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

2020年の天体配置としては、
山羊サインにある、冥王星、土星、木星の影響が強いですね。

アスペクトでは

土星と冥王星の合が1回で
1月13日 山羊サイン22度

土星と冥王星の合は35年ぐらいに1度で
前回は約37年前の1982年11月で
その前はその35年前の1947年8月でした。

冥王星と木星の合は合計3回あり、
1回目 4月5日  24度
2回目 6月30日 24度
3回目 11月13日 22度

山羊サインの木星と魚サインの海王星の60度も3回で
1回目 2月21日 17度
2回目 7月28日 20度
3回目 10月12日 18度

木星と土星の合が1回で
12月22日 水瓶サイン0度29分

木星と土星の合は土星大会合やグレートコンジャンクションとも言われ
約20年に一度起こります。


天体の動きは、

冥王星 
山羊サイン22度22分から24度10分を運行。
逆行期間は4月26日から10月4日迄で、
山羊サイン24度59分から22度29分迄戻ります。

海王星
魚座16度15分から18度28分を運行。
逆行期間は6月23日から11月29日迄で、
20度57分から18度09分まで戻ります。

天王星
牡牛サイン2度41分から6度48分を運行。
逆行期間は2回あり、年をまたいで
2019年8月12日から2020年1月11日まで
牡牛サイン6度36分から2度39分と、
2020年8月15日から2021年1月14日まで
牡牛サイン10度41分から6度43分まで戻ります。

土星
山羊サイン21度21分から水瓶サイン1度34分を運行。
逆行期間は5月11日から9月29日まで
水瓶サイン1度57分から山羊サイン25度20分まで戻ります。
各サインの滞在期間は
水瓶サイン入りは、
3月22日から7月2日と、12月17日から2021年5月14日、
2021年は7月28日から12月29日もありますね。

木星
山羊サイン6度35分から水瓶サイン6度41分を運行。
逆行期間は5月14日から9月13日までで
山羊サイン27度14分から17度24分まで戻ります。

火星は
蠍サイン28度7分から牡羊サイン27度11分を運行。
火星の逆行は2年に1度ですが、今年2020年に逆行があります。
逆行期間は9月10日から11月14日までで、
牡羊サイン28度8分から15度14分まで戻ります。
この逆行の影響で、
火星の牡羊サイン滞在が6月28日から2021年1月7日まで、
なんと半年間という長期間に渡ります。

この牡羊サインの火星は
山羊サインの天体たちと90度を、
水瓶サインでは60度を形成していきます。

牡羊サインの火星と山羊サインの冥王星の90度が3回で
1回目 8月13日 23度
2回目 10月9日 22度
3回目 12月23日 23度

牡羊サインの火星と水瓶サインの土星の60度が1回で
6月28日 0度

牡羊サインの火星と山羊サインの土星の90度が2回で
1回目 8月25日 26度
2回目 9月30日 25度

牡羊サインの火星と山羊サインの木星の90度が2回で
1回目 8月4日 19度
2回目 10月19日 19度

動きの遅い天体を中心に、火星まで書いてみました。


これらのアスペクトを形成する範囲、
活動サイン19度から26度、特に22度から24度の影響は強いでしょうし、
不動サイン0度も、今回大会合の度数なので重要になります。

出生図でこの度数の範囲に主要な天体や感受点がある方、
いろいろチェックしてみるとよいと思います。
もし、天体や感受点がない場合でも、
ご自身のハーフサムの軸へのヒットを調べてみるのもいいでしょう。

おおまかなところでどのような影響があるか前もって知ることで、
活用していけると思います。


今年もよい年にしていきましょう。




にほんブログ村 にほんブログ村へ
  

くる天 人気ブログランキング   


2018/02/07
00:46:06
2月8日  月と木星が、
9日は月と火星が、
12日には 月と土星が、火星とアンタレスが近づきます。

先月中旬から何かと慌ただしく、
休みの日でもシフト関係での業務連絡やらで、
休日があっても休んだ気がしない数週間でしたが、
なんとか状況も落ち着きつつあるようで、
やっと久々に普通の休日を過ごせるかな、
と大いに期待する今日このごろ。

やっと占術に没頭、作業に集中できそうで嬉しいです。

今後の天体のうごきは、
2月7日 水瓶サインの金星と牡羊サインの天王星が60度を形成します。
2月8日 蠍サイン後半で、月と木星が近づきます。
2月9日 射手サイン前半で、月と火星が近づきます。
2月12日 月と土星、火星とアンタレスが近づきます。

8日の月は下弦の月です。
月と太陽が90度ぐらいになりますから、
太陽が天底にくる深夜0時をすぎてから月が東の空から昇ってきます。
月と木星、火星のランデブーを観察するには、
東京では1時~2時過ぎ頃には月が昇ってきますね。
日付が変わって眠りにつく前、窓の外の東の地平線を探してみてね。

夜の星の観察は、目にいいです(^^)
綺麗な光をみるのはそれだけで目の保養になりますが、
視力回復にも良いしくみがあります。

占星術師にとっては(少なくとも私にとっては)
精神充実にもすこぶるよいです。

星の光で充電したいです ♡






くる天 人気ブログランキング 


02:29:29
1月18日は金星が水瓶サインに入りましたが、後を追うように
1月20日は太陽が水瓶サインへ入ります、大寒ですね。

水瓶サインの太陽が、
月以外で今いるサインの天体とアスペクトを形成するのは、
2月11日 蠍サイン22度の木星と90度
2月14日 牡羊サインの天王星と60度 です。

私は先日の腹痛などもあり、
ここで健康管理の見直しをしなくては、と思いました。

シフトでどうしてもスケジュールがきつくなる時期があります。
それをいかに乗り切れるかも問題ですが、
元気満々で余力があれば本当は乗り切れる範囲なのだと思います。
疲れがたまった状態で無理しても途中で力尽きるか、
その時無理は効いても、後で倍のツケが残ってしまう、
それを痛いほど実感しています。

客観的に観察していると、
ストレスが高まっていると出る習慣やクセはあるもので、
いわばそれは、もう危険ですよ、だいぶお疲れですよ、
このままでは壊れてしまいますよ、と
精神や体がサインを出してくれているともいえます。

そうしたサインを見て見ぬふりをせず、
気づいて早めのケアが必要なのです。
いえ、本当はサインが出ない状態に、
良い状態に保っておくのがいいのですけどもね。

ちゃんと自分の心と体に向き合わないといけないな、と思いました。
会社のストレスチェックで
2年続けて高ストレス状態が続いていたにも関わらず、
分かっていて放っておいた愚かな自分でした。

今は星の動きを見ても、
私はそういったことに目を向ける時期、気づく機会になるので、
ここでしっかり向き合おうと思っています。
向き合って改善しようと決めて行動していると、
自分に必要な情報に出会います、不思議なものですね。
とても有難いです。
こんなことならもっと早く知りたかったと思いましたが、
私にとって今がそれを知れる時、目を向けられる時であり、
必要だったからでしょう。






くる天 人気ブログランキング 



23:37:56
早いもので、3月になりましたね。

3月の上旬、日没後の西の空を彩るのは、金星、火星、天王星 です。
天王星は双眼鏡がないと、その光をキャッチすることができないけれど・・・
3つの星が集まっています。

金星

宵の明星で、現在からしばらくの間は、西の空にひときわ輝きを放っています。
とっても明るい星ですから、日が暮れて時間が経たないうちに、
西の空にすごく光っている星があったら、それは金星です。
日が沈んでから数時間後には見えなくなってしまいますけどね。
今年は、これから7月あたりまで、ずっと見えていますが、
金星は7月25日から逆行しますので、その後はどんどん太陽に追いつかれてしまいます。
お盆の頃には後ずさりしている金星を、太陽が追い越してしまうのね。
太陽のそばにくると、日の光で星は見えなくなってしまいます。
太陽に追い越されたあと、9月6日に順行に戻る金星ですが、
その姿は、今度は西の空にではなく、夜明け前の東の空に現れてきます。


火星

渋く赤い光を放っている星です。
金星よりも歩みがゆっくりなので、2月22日に金星とのランデブーで、
強い二つの輝きが見えましたが、金星はその後どんどん先に進んでいき、
二つの星はだんだん離れてみえていきます。
が、しかし、金星逆行で、再び、金星と火星がまた出会います。
2月22日に、出会って、あとでまた必ず再び会いましょう~
と、約束を交わして?いったん離れます。
9月1日にまた再会!ですが、この時は金星がまだ逆行中で、
前を向いてまた並ぶのは、11月3日です。(黄道で0度になる日)
その姿は木星の近くで、夜明け前に見られます。
2月の夕暮れのデートから、11月の朝帰り?デートに場面がかわりますね。


金星、火星、天王星の3つの星のうごきとしては、
牡羊サインで、
2月22日、金星と火星が0度
3月5日、金星と天王星が0度
3月12日、火星と天王星が0度、になります。


金星と天王星が最も近づくのは3月5日ですが、
星として夜に見える時間では、3月4日の宵の空になります。
天王星は肉眼では見えにくい、というかほとんどみえないかもですが、
金星のすぐ左の上に位置します。
天体望遠鏡を通して見た天王星は、独特の青緑色になるようです。

金星天王星火星


0度から離れても3天体はしばらく近くに見えていますので、
思い出したら、日没後の西の空を見あげてみましょう。
金星と火星はだんだん離れていく中で、
月が近くにやってくるのが、3月22日

金星と火星の間に細い月が、割り込んで?いえ、寄り添っています。
火星からの伝言を金星に伝えに行くかのようにも見えます。
翌日の23日になると、月は進んで金星よりも左上の方へ移動します。

金星月火星


占星術のお勉強もとっても楽しいですが、
実際の夜の空を見上げて星を観察するのも、また、いとたのし、ですね ♪









ブログランキング・にほんブログ村へ

くる天 人気ブログランキング 



18:55:52
最近、だんだんと日の暮れるのが遅くなるのがわかりますね。
冬至の12月22日をすぎてから、日がだんだん長くなっていきます。

現在、木星は20時を過ぎたころから東の空に姿を現します。
月は木星は月に1度近づくことになりますが、1月は8日がもっとも近づく日です。
間隔は広いですが、まず月を見つけて、
月から左上ぐらいに光っているのが木星のはず。
下の方には、しし座の1等星レグルスも見えるわ ♪

月と木星


占星学的に月と木星が0度になったのは、1月8日14時09分頃です。
ホロスコープを出してみると、獅子サイン21度09分でコンジャンクションですね。
ホロスコープは
地球からみて、天体がいる場所を黄道12宮の位置で平面で表示しています。
黄道とは、太陽の通り道ですが、
太陽が通る道から、南北にそれぞれ8度の幅の範囲を黄道帯といい、
天体たちはこの帯(合計16度)の中を通っていきます。
木星もしかりです。

一方、月の通る道は、白道です。
白道は黄道に対して、約5(5,8)傾いています。

そのため、ホロスコープ上で、月と木星が0度でも、
実際の空では、離れて見えることがあります。
どのぐらい離れているかは、黄道と白道の交点との関係にあります。

黄道と白道の交点は、ノードといますが、
現在のノード(ドラゴンヘッド)は、真位置で天秤サインの13度58分です。
ノードの近くであれば、実際に見える距離も近くなる、ということになりますね。

来年2016年1月1日に太陽が昇ってくるまでの、
深夜から明け方にかけて見える木星と月はとっても近くにみえることでしょう。





ブログランキング・にほんブログ村へ

くる天 人気ブログランキング 


03:33:33
10月18日の夜明け前には、是非東の空を見てみましょう!
晴れていれば、月と木星が近くに見えるはずです。

太陽が木星を通り過ぎてから、そろそろ3ヶ月になります。
木星は太陽よりもだんだん早く地平線に昇っていくことになるわけですが、
夜明け前の空でグイグイ高度を上げて、ずいぶん観測しやすくなってきました。

月と木星の合は毎月あるのですが、
月の通り道が木星から少し離れていることもあって、
見た目には、なかなか思うように近づいてくれませんね。

しかし、そろそろ見頃がやってきます(^^♪
10月18日は月と木星が近づきます。

最も近づくのは午前7時半頃ですが、この時間は太陽が出ているので
月と木星の光は太陽にかき消されてみることはでいません。
しょうがない、夜、というか明け方を狙って見ましょう。

10月18日の早朝4時頃がいいかも。

金星が支配する曜日の、金星時間で、
月と木星がGood Deamonのお部屋に収まるように狙ってね(^^♪

月と木星は少し間隔があいてはいますが、
ちょっとふっくら気味の逆三日月(鎮静の月)の左側に木星がおわします(^^♪

月と木星20141018


10月19日の早朝には、月が進みますので、木星の方が右になっていきますね。
月はちょっと痩せて、木星のだいぶ右下になっちゃうかな。
18日は月と地球との距離が最遠(40万4902km)ですから、ちょい小さいかも。

秋の夜長、夜ふかしして、、いえいえ、早起きして、見てみましょう!

また、18日は金星と水星が合で見た目も最接近しますが、
太陽とほぼ同じ場所にいるので、こちらは見えません(;_;)






くる天 人気ブログランキング 


02:33:18
8月25日の新月、同時に火星と土星が合になりました。
火星は土星を少しずつ追い越して黄道を進んでいますが、
まだ二つの天体は近くに見えます。
そこに月がやってきます。
日が沈んだら南西方向を見てみましょう。

8月31日には、まず、とっても太った三日月を探しましょう。
火星、土星、月の3天体が、「へ」の字に集まります。

20140831.png

次の日、9月1日には、半月に近づく月が上にいき、
ちょっとななめの「く」の字になっていく感じです。

20140901.png

この二日間に夜空を見上げると
「月の動き」というか、月の進み具合がよく観察できると思います。

月は地球の衛星で、地球からみた黄道12宮360度を1周するのに約27日、
新月から次の新月までは約29日です。
月は1日で約13度進みます。時間にすると約50分です。
私たちが、ある地点から月を見るとき、
たとえば向かいのビルの屋根の上に三日月が見えたとしましょう。
次の日の同じ時間にみると月は位置を変えています。

3つの天体を中心にみてみると・・・

8月31日
20140831月火星土星

9月1日
20140901月火星土星

晴れていたら、是非夜空を見上げて見てくださいね(^^♪





くる天 人気ブログランキング 


2014/08/17
00:17:15
金星は明けの明星、宵の明星で、朝方か夕方に見えます。
現在は、明け方に見えています。
太陽が獅子サインに入り、木星を追い越しました。
そして金星は8月18日14時13分頃、木星とコンジャンクションになります。
黄道上の獅子サイン07度14分で重なります。

金星合木星20140818

金星と木星はFortunesで吉星とされています。ベネフィックともいいますね。
木星はGreater Fortune
金星はLesser Fortune です(^^♪

Simmonite の「 Arcana of Astrology」によると、
出生図で、木星がパートオブフォーチュンと共にあって
月と良いアスペクトでアンギュラーにあるとき、
特に第1室にあると、お金持ち?(rich)になるんだそうな(^^♪
あなたの出生図ではどうですか?

金星は2014年は9月頃までは日の出前の東の空に見えますが、
10月末には、宵の明星になっていき、
冬には日没後すぐの西の空に輝くようにみえます。
木星はこれから日の出前にはだんだん高いところになっていき、
11月中旬には、日が昇る直前には天頂に来ていることでしょう。




くる天 人気ブログランキング 

00:00:06
今週末から来週、2月28日から3月6日までの一週間は、
惑星の動きからみると、さまざまな面で転機となりそうですね。
なぜかというと、4つの惑星が動きを変えます。

2月28日23時01分、水星が順行へ(水瓶座18度09分)
3月2日01時24分、火星が逆行開始(天秤座27度31分)
3月3日01時20分、土星が逆行開始(蠍座23度19分)
3月6日19時43分、木星が順行へ(蟹座10度26分)

水星の役目、
この転機の始まりとなるのが、順行に転じた水星で、
水星は水瓶座にいるうちに、土星、次に火星とコンタクトをとります。
3月11日、蠍座23度15度の土星Rと90度、
3月15日、天秤座26度28分の火星Rと120度を形成します。

この3つの惑星を仮に人間関係にあてはめて考えると、
火星と土星はお互いを意識しつつも繋りがもてない状態にありますが、
そこに水星が二人の間で橋渡しをする役目を担います。
水星らしくメッセンジャーですね。

木星Dと土星Rはこれから接近の120度を形成しに向かいます。
木星と土星の120度は、今回は最終決戦?になります。
①2013年7月18日、蟹座木星Dと蠍座土星D(04度53分)
②2013年12月13日、蟹座木星Rと蠍座土星D(18度27分)
③2014年5月25日、蟹座木星Dと蠍座土星R(18度58分)

火星の逆行ですが、
この時期付近の惑星同士のアスペクトを見ますと背景に大きな流れがあります。
2月26日に木星R蟹座10度33分、天王星D牡羊10度33分で90度ですが、
これは2回目の正確な90度形成のタイミングになります。

①2013年8月21日、蟹座木星Dと牡羊座天王星R(12度03分)
②2014年2月26日、蟹座木星Rと牡羊座天王星D(10度33分)
③2014年4月21日、蟹座木星Dと牡羊座天王星D(13度30分)

この木星と天王星のスクエアは、
長期的に形成中の天王星と冥王星のスクエアにも深く関係してくる。

※牡羊座の天王星と山羊座の冥王星のスクエア
①2012年06月24日 天王星Dと冥王星R(08度24分) 
②2012年09月19日 天王星Rと冥王星D(06度59分) 
③2013年05月21日 天王星Dと冥王星R(11度15分) 
④2013年11月01日 天王星Rと冥王星D(09度26分) 
⑤2014年04月22日 天王星Dと冥王星R(13度36分) 
⑥2014年12月14日 天王星Rと冥王星D(12度35分)
⑦2015年03月18日 天王星Dと冥王星D(15度21分) 

ここに、火星も参戦してくるって形になります。
火星の逆行中を含め3回、ピークは次のとおり。
①2013年12月24日~2014年1月1日(火星D、天王星D、冥王星D)
②2014年4月21日~4月27日   (火星R、天王星D、冥王星R) 
③2014年6月11日~6月25日   (火星D、天王星D、冥王星R) 

これらが重複して起こる2014年の4月21日、22日は
一番作用が高まるといえるのでしょう。









くる天 人気ブログランキング 


21:57:44
6月になりましたね。
衣替えの時期、梅雨入り、そしてじきにやって来る夏至、
くせ毛の人は、髪がまとまらず困る時期でもあるわ、憂鬱~。

さて、6月の主な星のうごきは

6月3日、金星が蟹座へ
6月7日、海王星が逆行
6月21日、太陽が蟹座入へ。夏至の日です。
6月26日、木星が蟹座へ
6月26日、水星が逆行
6月28日、金星が獅子座へ

新月、満月、太陽、水星、金星のサイン移動は
毎月のようにありますが、
この6月のビックイベントとしては、
やはり木星が約1年ぶりにサインを変えることでしょう。

蟹座のみなさんは、今後一年はよい運気ということになります。
水のサインである、蠍座、魚座さんもよいですが、
蠍座には土星が、魚座には海王星が居座っています。
まあ、蟹座さんもお向かいには冥王星が睨みをきかせ、
横には天王星が横槍を入れているんだけどね。

惑星の逆行では、
海王星の逆行があり、水星も6月に逆行しますね。
6月末には、冥王星、海王星、土星、水星の4個の惑星が逆行になる。


6月に惑星が形成するおもなアスペクトでは

6月2日、太陽と天王星が60度
6月4日、水星と土星と海王星でグランドトライン
6月7日、金星と土星と海王星でグランドトライン
6月8日、水星と天王星と冥王星でTスクエア
    火星と海王星が90度
6月9日、双子座の新月
6月12日、土星と海王星が120度
6月12日、金星と天王星と冥王星でTスクエア
6月19日、太陽と木星が0度
6月23日、山羊座の満月。いつもより太ってみえるお月さんだよ!
6月26日、太陽と土星と海王星でグランドトライン
 
アスペクト的な特徴では、
長期にわたる冥王星と天王星のスクエアに次々T角が形成されること。
同時に、水のサインでのグランドトライン形成があることですね。



個人的なことでいえば、占い関連ですが、
6月は「楽しい企画」があります、読者には嬉しいことですが、、
何なのかは・・・乞うご期待!



☆  ☆  ☆  お知らせ  ☆  ☆  ☆ 
鑑定を希望される方はこちら⇒「個人メール鑑定のご案内」
占星学レッスンを希望の方は⇒「個人メールレッスンのご案内」
姉妹サイト・ミルラのプライベートブログ ⇒ 「戀那のブログ」
Facebookページ ⇒ 「占者の○○」

☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆ 




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング 


16:41:15
現在、双子座第3デークに位置する木星に、
水星と金星が近づいてきていて、5月27日夕刻に、
水星と木星が占星学上で正確な0度になりました。
そして5月29日未明には金星と木星が0度になります。
水星、金星、木星がコンジャンクション内で並んでいるのですね。

金星と木星は肉眼でも見つけられますが、
水星は頃合いを見計らわないと少し難しいかもしれませんけどね。

金星木星水星20130527

20130528.png

20130529.png


この数日は、日暮れ後の西の空を見上げてみましょう。
星たちのおしゃべりが聞こえてくるかもしれませんよ。







ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング 


04:42:07
2013年も3分の1が終わり、5月になってしまいますね。
年々、時の経つのが速く感じられます。

5月の惑星のサイン入りは、

2日 水星が牡牛座へ
10日 金星が双子座へ
16日 水星が双子座へ
21日 太陽が双子座へ
31日 水星が蟹座へ
31日 火星が双子座へ

4月の牡羊座に惑星が集まる時期には、活動的な雰囲気でしたが、
5月は牡牛座という不動宮に入り、10日までは牡牛座モード。
牡牛座はマイペースで感性豊かなサインなので、
瞬発力やスピード感はなく、ゆっくり穏やかな進みですが、
一歩一歩、確実に前進する力を持っています。
   
惑星たちが形成するおもなアスペクトは

1日 火星と土星が180度、
2日 太陽と冥王星が120度
3日 水星と木星が45度
4日 水星と海王星が120度
5日 水星と土星が180度
6日 金星と天王星が45度
7日 金星と冥王星が135度、水星と冥王星が120度
8日 水星と火星が0度
10日 太陽と月が0度 牡牛座19度で日食をともなう新月
14日 金星と海王星が90度
   水星が天王星と45度、冥王星と135度
17日 太陽が天王星と45度、冥王星と135度
18日 水星と海王星が90度
20日 木星と土星が135度
21日 天王星と冥王星が90度(7回形成の3回目)
25日 太陽と月が180度 射手座4度で月食をともなう満月
26日 火星が冥王星と135度、天王星と45度
   太陽と海王星が90度

となります。


4月26日は部分月食がありましたが、
今月5月10は見事な金環日食が起こります。
その日食はオーストラリア北部と南太平洋で見ることができます。

天王星と冥王星のスクエアは2012年から2015年までで、
正確な90度を計回形成しますが、今月の90度は3度目にあたります。

※牡羊座の天王星と山羊座の冥王星のスクエア
①2012年06月24日 天王星Dと冥王星R(08度24分) 
②2012年09月19日 天王星Rと冥王星D(06度59分) 
③2013年05月21日 天王星Dと冥王星R(11度15分) 
④2013年11月01日 天王星Rと冥王星D(09度26分) 
⑤2014年04月22日 天王星Dと冥王星R(13度36分) 
⑥2014年12月14日 天王星Rと冥王星D(12度35分)
⑦2015年03月18日 天王星Dと冥王星D(15度21分) 

今月は、この天王星と冥王星のスクエアの正確な90度があり、
それに加え、金星、水星、太陽、火星が
このスクエアを刺激する配置となっていきます。
日食や月食もありますので、この2つの点からみても、
人生を変えるほどの影響がもたらされる5月になるかもしれません。



☆  ☆  ☆  お知らせ  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆ 
鑑定を希望される方はこちら⇒「個人メール鑑定のご案内」
占星学レッスンを希望の方は⇒「個人メールレッスンのご案内」
姉妹サイト・ミルラのプライベートブログ ⇒ 「戀那のブログ」
Facebookページ ⇒ 「占者の○○」
☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング 


02:11:24
季節は牡羊座から牡牛座の風景にかわっていきます。

4月20日07時03分頃、太陽が牡牛座へ
同日20時40分頃には火星も牡牛座へ入ります。
そしてこの日は、水星と天王星が牡羊座9度で重なります。

太陽は今年1月頃から火星にじわじわ近づいて、
4月18日に牡羊座28度で正確な0度になり、
5月20日に太陽が双子座にサインを変えるまでコンジャンクション内です。

太陽の公転周期は約1年、火星は約2年ですから、
太陽と火星がコンジャンクションになるのは2年に一度、
前回のコンジャンクションは2010年12月~2011年4月頃、
その前は2008年10月~2009年2月頃でした。

流れとしては、これまでのスピード感から、
どっしり落ち着いた雰囲気に変わってきますね。

中規模の地震が続いたり、爆発事件があったり、
殺人事件があったりと、激しく過激な雰囲気がありましたが、
穏やかになっていくのかなあ?

この太陽と火星が他の惑星と形成するアスペクトは、
4月22日、双子座の木星と45度、
4月24~27日、魚座の海王星と60度、
4月28~5月1日、蠍座の土星と180度、
5月2日~6日、山羊座の冥王星と120度、

5月16、17日は太陽が天王星と45度、冥王星との135度を同時形成。

ハードアスペクトということでは、
土星との正確な形成は、
4月22日には一歩先を行く金星が土星と180度を形成したのち、
4月28日に太陽、
5月1日に火星がオポジションです。

サラリーマン風に言うなら、
もうすぐGWだあ、ヤッホー、休めるぞ~、
あれもこれも楽しいことしたいな、と夢は膨らむ、
しかし、現実はそう上手くは行かないと思い知るが、
根性で無事乗り切る、ゴリ押しとも言う?
そのツケを後で忙しくか仕方なくか、追われる雰囲気、かな?

火星が牡牛座に入った、さあ、大きな地震が来るぞ、
と言われた昔もあったとか、ないとか、
地に関するサインは、牡牛座も該当しますけどね。

不動宮に星が入ると、物事が動きにくくなるという見方もあります。
1999年の、不動宮グランドクロスがありましたが、
別段、特に目立ったことが起きなかったのは、
不動宮だったからだ、などとも言われていますが、
どうなんでしょうね?。




☆  ☆  ☆  お知らせ  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆ 

鑑定を希望される方はこちら⇒「個人メール鑑定のご案内」
占星学レッスンを希望の方は⇒「個人メールレッスンのご案内」
姉妹サイト・ミルラのプライベートブログ ⇒ 「戀那のブログ」
Facebookページ ⇒ 「占者の○○」

☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング 


2013/03/01
00:00:00
3月の惑星の主な動きは、
サインイングレス(惑星が滞在星座を変えるのは)
3月12日 火星が魚座 → 牡羊座へ
3月20日 太陽が魚座 → 牡羊座へ
3月22日 金星が魚座 → 牡羊座へ

先頭を切って走るのが、勢いのある火星です。
自分のサインである牡羊座へ入りも一番ノリ!
太陽と金星は距離を置かずに(0度のオーブ内)仲良く並んで進んでいきます。
水星は3月前半は逆行でもじもじと、後半は順行に転じます。

前半と後半ではガラッと雰囲気が変わります。
12日の新月後に火星の牡羊座入りし、
18日には水星が順行になり、待っていたことに結果が出たり、
太陽も金星も牡羊座入りするあたりから流れが前進モードになっていきます。
占星学のお正月である春分の日は今年は3月20日です。
運勢の流れが大晦日からお正月モードに変わるわけですね。
3月下旬には、牡羊座に、天王星、火星、太陽、金星がコンジャンクション。
これらの惑星たちは双子座の木星と60度の調和座を作ります。
木星との調和座をすぎると、月末から4月始めには、
土星と150度、冥王星と90度という厳しい配置になっていきます。

天王星と冥王星は長期のスクエアを形成中ですが、
ここに火星が絡んできます。
冥王星は死と再生の星、天王星は突発的な出来事、火星は暴力の象徴ですので、
かなりインパクトのある出来事が起こるかもしれません。
災害だとしても、政治的問題にしても、それなりに心がけはしておきましょう。



☆  ☆  ☆  お知らせ  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆ 

鑑定を希望される方はこちら⇒「個人メール鑑定のご案内」
占星学レッスンを希望の方は⇒「個人メールレッスンのご案内」
Facebookページ ⇒ 「占者の○○」
姉妹サイト・ミルラのプライベートブログもあるよ ⇒ 「戀那のブログ」

☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆



ブログランキング・にほんブログ村へ

くる天 人気ブログランキング 


00:39:33
大雪の冬ですが、寒さも緩んできた今日このごろ、
暦の上では2月4日「立春」になります。

立春は占星学的には太陽黄経が315度にあたるとき、
つまり太陽が水瓶座の15度の日なのです。
詳しくは、過去記事を参照ください → 「24節気と黄道12宮」


2月の星まわりとしては、
太陽が水瓶座ですから、水星、金星は太陽の近くをまわることになります。
水戸黄門御一行様じゃないですが、
太陽が黄門様なら、水星と金星は、スケさん、カクさんみたいですね。
火星は今年の逆行はないので、結構ぐんぐん進んでいきます。
自分のサインでとろ~りとろ~りとまどろんでいる、というか佇んでいる海王星に、
まるで騒ぎを持ちかけるように、乱入?する勢いですね。
だが実は、海王星が気づかないうちに影で糸を引いておる。

星物語ではこんな展開になるかな、と。

先頭を切って魚座入りするのが、何でも一番が好きな火星(2日)です。
そのあとを水星が追いかけます(5日魚座入り)
海王星にいいワインを勧められ、3日3晩の宴会をやって、
水星は、おっといけねえ用事があるもので、とかなんとか言って、
ウザギのような素早い足どりで火星を9日に追い越します。
水星は飲みすぎただけかもしれないけど、火星クン、怪しいのやってないよね?

太陽も18日は魚座に入っていきます。
火星を追い越した水星でしたが、5歩先まで進んだ時点でお昼寝?か、
忘れ物に気づいて取りに戻るのか、誰かに伝言を言い忘れたか?
23日から、今来た道を引き返してしまいます。(逆行しま~す)

金星は、みんなとは一足遅れ、サインひとつ手前をマイペースで進みます。
2月始めには山羊座にいた金星も、
この一ヶ月で、遅れを取り戻すかのように、みんなの後ろをついていく。
2日には水瓶座入りし、26日には魚座の宿でみんなと合流!
魚座の宿が賑わっている感じですね。
魚座の宿では金星の美しさががひときわ眩しく映ります(それは高揚の座ゆえ)

余談、次回(3月の星物語予告編)
火星君となかなかランデブーできない金星ちゃん、
これからあたいの魅力が最高潮に達するのに、あんたは先に行っちゃうのね、
太陽さんと仲良くしていようかしらん、といちゃいちゃ?する姿をよそに、
おいらはそんなことはどうでもいいのさ、
星の世界の正月(春分)前にゃあ、おいらは家(牡羊座)に帰って
正月明けには天王星の親方とドーンとデカイことをやらかすのさ、と企んでいる(笑)
きっとそのニュースは世界に及び、
夢から覚めたばかりの太陽と金星も、近くでその巻き添えを食らうであろう・・・
なんちゃって。

真面目に時系列で並べますと、

サインイングレス
(黄道12宮をめぐる惑星が滞在星座を変える時)は、
2日10時49分頃、火星が魚座へ、
2日11時33分頃、金星が水瓶座へ
5日23時51分頃、水星が魚座へ
18日21時3分頃、太陽が魚座へ
26日11時0分頃、金星が魚座へ

惑星の逆行(実際は逆行するわけでなく地球からの見かけ上の逆行のこと)

19日0時43分頃、蠍座で土星が逆行
23日18時34分頃、魚座で水星が逆行、となります。

惑星が織り成すアスペクト(角度)は、
5日、火星と海王星が0度
7日、金星と天王星が60度
7日、水星と海王星が0度
7日、金星と木星が120度
9日、水星と火星が0度
9日、水星と木星が90度
10日、火星と木星が90度
11日、金星と土星が90度
13日、水星と冥王星が60度
13日、水星と土星が120度
16日、火星と冥王星が60度
17日、火星と土星が120度
21日、太陽と海王星が0度


月がからむアスペクトでは

3日、蠍座で土星と月が0度
7日、山羊座で冥王星と月が0度
9日、水瓶座で月と金星が0度
10日、水瓶座で新月(太陽と月が0度)
11日、魚座の月、水星、火星、海王星がオーブ内で合
13日、牡羊座で天王星と月が0度
18日、双子座で木星と月が0度
21日、蟹座の月、蠍座の土星、魚座の火星がオーブ内でグランドトライン
26日、乙女座で満月(太陽と月が180度)

この2月は、なんといっても惑星の魚座集中と、
それらが海王星に絡む、ということですね。
中でも火星合海王星に木星のスクエアは、不穏な気配がプンプンする(笑)
星の象徴を読み解くのはそう簡単ではありませんが、
海王星が悪くでると、飲酒運転による事故や、麻薬犯罪、
ガス爆発、海難事故、が連想されます。
油断や、勘違いには注意かもしれません。


あと、2月の世間的なイベントではバレンタインデーがありますね。
14日の月は、牡羊座を通過中で、この月のアスペクトは、
天王星と0度、金星と60度を形成した後で、太陽と60度になる手前の日、
木星と45度にもなろうとしています。
ボイドタイムではありませんし、星的にはわりといいんじゃないかしら。
木星の「甘さ」が多少問題になりますが、
甘いのは、愛の言葉とチョコレートにしておきましょう。

よろしければ、関連する過去記事もお楽しみください。
「チョコレートはどこからやってきた?」
「バレンタインデーと小惑星JUNO」








ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング 

02:33:44
双子座に入った月は、木星に近づいていきます。
約1ヶ月に一度は必ず木星と月のランデブー?はありますが、
それが夜の星でみえるか見えないかは時期と天気によります。

1月22日には夜の空で、月と木星が並ぶのが見えるはずです。
正確な0度になるのは正午すぎ頃ですが、
その時間ではまだ太陽が輝いているので、肉眼で見ることはできません。
月が木星をわずかに追い越したあたりで東の空に浮かんできますが、
実際に観察できるのは22日の日没後ということになります。
日没後、東の空に姿を現し、時間が経つにつれて天頂へ移動していきます。
つまり、我々地球人の頭の上に見えてくる。

月と木星 2013年1月22日 16時

月と木星 2013年1月22日 20時

来月2月18日の夜も見頃です。
0度になるのは20時55分頃ですので最も接近した瞬間が夜の空で見れるはず。







ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング 


22:04:12
前回のタロットの「星」のカードは、占星術の水瓶座と対応しています。

水瓶座といえば・・・1月19日午後に水星が水瓶座に入りました。
続いて20日06時53分頃に太陽も水瓶座へ入ります。
日の出と共にちょうど水瓶座の太陽(と水星)が昇ってくるんですね。

水瓶座は空間的に繋がらなくても、というか
距離的にすぐ近くにいて直接の交流をもたなくとも、
共時性によってどこか意思疎通ができるサインなのです。
シンクロ二シティや直感や霊感のようなもの、というのでしょうか。

たとえ何年も会わなくても、たとえ距離が離れていても、
ワンネスで繋がっている、という意識さえ持っていると私は感じます。
私の水瓶座ポイントが、そう言っています(笑)

20日の夜明けと共に登る水瓶座の太陽は、
これから天王星、木星と調和的な角度を形成していきます。
それに、双子座に入った月も木星に重なりますしね。
直感が冴える、何かに突き動かされる、新しい変化を予感させます。


20日サンライズのホロスコープ
水瓶座の夜明け 1月20日

20日午前7時の仙台の空
水瓶座の夜明け
この太陽のすぐ下に水星がいるんです。文字は出てないけど。


水星は太陽系の惑星の中で、太陽に最も近いところをまわる星、
なので、夜の夜中に煌々と輝く水星を見ることはほとんどないのです。
夕方か明け方、地平線ぎりぎりのところあたりに位置することになります。
見えたと思ったらすぐに顔を引っ込めてしまう、逃げ足の速い奴です(笑)
そして、水星はあまり明るい星ではないので、見つけにくいとされています。
ですので、水星を偶然に見ることができたら、とても幸運だと言われます。

水瓶座の太陽と共に昇る、この水星、みつけられるかな?
私は午前中からの勤務がありますので、早く起きなきゃないのだけど、
7時前か、目覚まし予定よりちょっとだけ早いな、5分でも多く寝ていたい~。
それに寝起きは超不機嫌なので、見る余裕あるかしら、目が開かない、とか。
でも、見れたら、なんかとってもラッキーな気がするわ。
って、自分で書いてて見れないことの方が多いんだけどさ。
見れる人は水星をみつけてみてね~。







にほんブログ村 その他趣味ブログへ

くる天 人気ブログランキング 


21:27:34
今朝は雪で出勤時間は吹雪いていて雪だるまになるかと思った。
午前のうちに雪はやんだが、しかし、寒い~。

先月11月は激動と忙しさの極めつけの中、
車の故障などのトラブル発生で、本当にもうどうなっちゃうかと思った。
心身の疲れもピークの中、休み返上での仕事にはキレかけたが(笑)
それでも人使いの荒い派遣先に、もっと出れないの?攻撃されている。

予約で順番待ちの占いの鑑定も、ほぼ月末までに送信できました。
だいぶお待たせしたみなさん、申し訳ありませんでした。
これからは通常とまではいかないにしても、
今までよりも少しは早めに出来るかと思います。

今日は仕事帰りに、注文した本をやっと引取に行けた。
果たして今月も読む時間はあるのか?って気もするが、
これ以上、楽しみを後回しにしたら気が狂いそうなのだ。


さて、12月のおもな星の動きは、

11日、水星が射手座へ
13日、天王星が順行開始
16日、金星が射手座へ
21日、太陽が山羊座へ(冬至)
26日、火星が水瓶座へ
31日、水星が山羊座へ入ります。

惑星が形成する主なアスペクトは、

2日、木星、金星、火星のYOD
3日、太陽と木星が180度
13日、新月(射手座21度)
18日、水星と木星が180度
23日、金星と木星が180度
28日、満月(蟹座7度)

この時期、太陽、水星、金星が木星と180度になっていきますね。

木星は本来吉星とされており、
ハードアスペクトでは「甘さ」が出てくると言われますが、
何かを本気でやりたいなら、探せば方法があるはず、
自分の限界を突破する、可能性の拡大には効果があるはず、
木星で広げて、土星で固めましょう。






ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング 


11:47:47
2012年の天体ショー第7弾!

11月27日、金星と土星が大接近します。
占星学上での金星と土星の正確な0度は、
11月27日10時10分頃、蠍座6度11分です。
 
実際の空では10時は太陽が昇っている日中なので肉眼では見れません。
見頃は、午前5時頃に東の空に上昇してくる金星と土星です。
二つの惑星が仲良く横に並んでいる様子を観測することができるでしょう。
そして5時30分頃には水星も昇ってきます。
薄く明るくなってくる頃ですが、みれたら綺麗でしょうね。

土星と金星の大接近 2012年11月27日 東京の空

空の星は輝く光としてしか見えませんが、
望遠鏡を使うと惑星の色がみれるんでしょうね。

金星
金星

土星
土星

水星
水星

私は見れるかなあ~?
派遣の仕事が入ってるから、まだ夢の中かな・・・
起きれあがれない時間かもだし、天気にもよるだろうしね。
最近の私は、仕事帰りに疲れ果てた気持ちで空を見上げ、
東側の夜空に浮かぶ木星に幸運を祈っています。






ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング 


22:22:22
11月22日、太陽と金星がサインを変えます。
まず、太陽は06時51分に射手座へ入ります。

The solar ingress into fiery Sagittarius turns minds toward a future of limitless possibilities.
The optimism of this mutable Fire sign inspires us with visions beyond the confines of current reality.
This enthusiasm raises hopes but may also be a way to deny issues of the here and now by escaping to some fanciful notion of the future.
Facts that contradict our beliefs can be denied if we simplistically paint the world in terms of black and white.
Nuance will be lost and compromise made more difficult when we think in absolute terms of right and wrong or good and bad.
Still, when hearts and minds are open, horizons expand with encouraging pictures of brighter days ahead.

そして、金星は10時21分に蠍座へ入ります。

The love planet dives into Scorpio's steamy waters to add pressure and pleasure to relationships.
There's sometimes a tendency to be overly aware of loss during this transit, which increases unwarranted jealousy and economic uncertainty.
The purpose of Venus in Scorpio is to reconnect with personal values and tastes irrespective of what others think of them.
Acknowledging the truth of our desires put us in a stronger position to fulfill them.
Yet also recognizing what we no longer need is also essential to making this happen.

尚、太陽と金星の最大離隔は48度ですから、
必然的に金星は太陽と同じサインか隣のサインになるのね。

金星は12月16日には射手座へ入ります。

現在は、太陽が先行してサインを進んでいますが、
金星が太陽に追いつくのは2013年3月29日牡羊座9度で0度になります。






ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング 


03:42:24
現在の惑星の配置で、
牡羊座4度55分で逆行中の天王星と蠍座4度55分進む土星が150度になります。
正確な形成は11月16日午前中になりますが、
今後天王星は12月13日に順行となり、
土星は2013年2月19日蠍座11度31分から逆行します。

両方とも運行速度が遅く、順行と逆行を繰り返し、
この150度形成は長期間に渡ることになります。

土星蠍座X天王星牡羊座150度形成
(Dは順行、Rは逆行です)
①2012年11月16日 土星Dと天王星R(04度55分)
②2013年04月13日 土星Rと天王星D(09度20分)
③2013年10月05日 土星Dと天王星R(10度27分)

※2014年7月20日
天王星D牡羊座16度30分、土星R蠍座16度38分になりますが、
翌日7月21日には土星は順行に転じますので、
ほんの8分の差ですが、正確な形成にはならずに終わります。

土星は伝統や秩序、ルール、義務、制限、年長者、
天王星は突発、変化、独自性、改革、テクノロジー
などの象意がありますので、
未来のためにこれまでの伝統や秩序を壊すもの、
というイメージにつながります。

150度は占星学で用いるアスペクト(惑星間の角度)
インコンジャンクトともクインカンクスとも呼ばれます。
このアスペクトの解釈のキーワードとしては、
不安な予兆、ストレス、不測、などで、
影響力はそれほど大きくありませんが、
心因的な部分で圧迫感を感じさせるものとされています。

この角度はサインの陰陽(男女)エレメント(火地風水)
クオリティー(活動、固定、柔軟)のどれも一致せず、
全円を整数で分割してもその角度を導けません。
このことから、本来なら接点のない物事を結びつけて、
双方に妥協や改善を求める力があるとされます。
公転周期の遅い方の惑星が、速い方の惑星の働きを調整する、
という現れ方が多い、というのが一般的です。

これまでの伝統や現状に甘んじることを選ぶのか、
未来を求めて変化を選ぶのか、の狭間ですね。
土星より天王星が運行速度が遅いので、
結果的には天王星の力が働くことになりますね。

ギリシャ神話では、
天王星は天空の神ウラノスとして登場します。

大地の女神ガイアとの間に、オケアノスはじめ
巨人神族が次々生みだされましたが、
ウラノスは我が子を愛そうとはせず、
(このあたりが天王星の冷酷さ非情さでしょうか)
王位を奪われることを恐れて子供たちを奈落に閉じ込めた。
それに怒ったガイアは末子のクロノス(土星)に斧を渡し、
父神(ウラノス)に復習するようすすめます。

そして、クロノスはガイアとウラノスの寝所に忍び込み、
父神の男根を切り落とし、支配権を奪ったのです。

うわ、クロノス、こわ~、
いくら母に言われたからって、、、

しかし、神話では続きがあって、
その後、クロノスも自分の息子であるゼウスに討たれるのです。

現代で、個人では今回のこの二つの惑星の影響はどうなるのか、
土星は義務や忍耐や努力も意味しますので、
例えば、社会的義務のために本当の自分の心に嘘をついて、
だましだまし我慢してきたことでストレス過多となり、
それが限界に来ると、天王星の独自性、個性、独立で、
会社を辞める、とか、今までの人間関係を壊してしまう、
これまでのしがらみを切り離す、という作用になるかも。

または、突然の出来事(天王星)をきっかけにして、
これまでの執着(蠍座)を手放し、本来の自分(牡羊座)
がやりたいことを知る、あるいは自分に戻るのかもしれませんね。

この変化は、穏便に自然に、というわけでなく、
犠牲や痛みを伴うものであるとも言えますね。

ニュースでは、
野田総理が16日に衆議院解散すると発言したとか、
発言したのって14日の新月?すると、符合するのは、
16日はちょうど土星と天王星の正確な150度になる日か。
10日程前あたりからオーブ1度30分内に入っていましたので、
突然に思えるが(というか最近TV見てないから詳しくない)
ある程度総理の中でもう決めていて、
その実現を発表した形になるのかもね。
牡牛座は何度も考えた上で、発言、実行する特性がありますし、
決断までは時間がかかりますが、決めたらとことんやりますよ、
きっと(笑)。

個人では、出生時間が分かっている人は、
この土星と天王星が自分の出生図どのハウスに入っているか、
をチェックしてみてね。
土星が入るハウスは、課題や自分の弱み、
天王星が入るハウスは、混乱や突然の出来事を表すかも。

私は、、突然の変化ばかりで義務を優先しているが、
自分のやりたい事を全部後まわしにしており、
ストレスも高まってますね~。
天王星の入っているハウスは良くも悪くもまさに激変です。
どうなることやら。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング 




22:25:29
10月23日9時8分頃に太陽が蠍座へ入ります。

23日蠍座0度の太陽は、魚座0度の海王星と120度、
24日22時53分頃に魚座1度の海王星合月に120度、
25日蠍座2度の土星と正確な0度。

この太陽蠍座入りで、土星、水星の3天体とにぎやかになります。
海王星が魚座ですから、水のサインに4つも天体が入るんですね。
月も水サインだと5天体か。
でも29日15時27分頃には水星が射手座へ移動しちゃいますけど。

太陽と土星のコンジャンクションは、
当然ですが、公転周期から計算すると約1年で1回訪れます。

2012年は10月25日に蠍座2度ですが、
2011年は10月14日頃に天秤座20度、
2010年は10月1日頃に天秤座7度、
2009年は9月18日頃に乙女座25度、
2008年は9月5日頃に乙女座12度、
2007年は8月22日頃に獅子座28度、でした。

ちなみに、2013年と2014年も11月に蠍座で合なのだ。

長い目で考えれば年間のひとつの転機になるかも。
自分(太陽の意志)の問題から逃げずに(土星の制限)
何が自分にとって大切なことか、しっかり見つけること、
それを現実のものにする、手に入れるために、
必要な努力はしないといけない、のでしょうね。

土星は困難や苦痛の象徴でもありますが、
失敗を成功に変えるための苦痛であり、
その努力は成長をもたらします。
やった分は必ず手に入るのが土星のお約束です。

あれもない、これもない!と他人や社会に文句を言っても、
土星は甘やかしたりしないでしょう。
別に意地悪でやっているのではなく、
自分の問題は自分で何とかするという責任感を育成しよう
と見守っている、というか監視してるって感じ?

私には蠍座土星はハードになるので、困るけど、
もうすでに困難や苦痛というか、ばっちり制限されてます。
お気楽とか楽しいとか、ずっとおあずけ。
やっと、少しラクになるかな、ちょっと休みたいな、
とダメもとでも儚い希望を抱いていたのだが、現実は厳しいのだ、
という事を思い知らされる知らせがダブルでやってきた。
でも、少し手加減はしてくれたようだ(笑)

太陽/土星=T土星だから、あんまり苦痛に感じないのかも、
まあ、大変なのはいつものことよ、ってところでしょうか。
それより、土星/天王星=T冥王星の方がかなり効いてますわ。
まだまだこの緊張は続くんだろうなあ。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング 


00:00:01
中秋の名月は台風17号の影響で当日は見れませんでしたが、
台風も通りすぎ、10月1日の夜には月が輝いていました。
早くも10月に突入ですね。
このところ慌ただしくで、
この9月はいつにも増して、あっという間にすぎた気がします。

さて、2012年10月の惑星たちの動きを見てみますと、

2日 蠍座26度火星とノースノードの合(トゥルーノード)
3日 金星が乙女座へ(恒星レグルスと合)
4日 双子座16度の木星が逆行を開始
5日 水星が蠍座へ
6日 土星が蠍座へ
7日 火星が射手座へ
15日 天秤座22度で新月
23日 太陽が蠍座へ
28日 金星が天秤座へ
29日 水星が射手座へ
30日 牡牛座6度で満月

惑星が作るおもなアスペクトは、

4日 乙女座0度の金星と魚座0度の海王星Rが180度
5日 天秤座29度で水星と土星が0度
6日 蠍座0度の水星と魚座0度の海王星Rが120度 
9日 乙女座7度金星と山羊座7度冥王星が120度
11日 蠍座0度の土星と魚座0度の海王星Rが120度
15日 射手座5度火星と牡羊座5度天王星Rが120度
   乙女座13度金星と蠍座13度水星が60度 
16日 双子座16度木星Rと蠍座1度の土星が135度
17日 乙女座16度金星と双子座16度木星Rが90度
   天秤座24度で太陽とスピカが0度
21日 火星が恒星アンタレス(射手座9度~10度)と0度
23日 蠍座0度の太陽と魚座0度の海王星Rが120度
25日 蠍座2度で太陽と土星が0度
28日 射手座15度火星と双子座15度木星Rが180度
30日 蠍座7度の太陽と山羊座7度の冥王星が60度、などです。

10月の注目は、
なんといっても土星の蠍座へのサインイングレスです。
土星と冥王星はミューチュアルレセプションとなりますしね。
近代占星術では、
蠍座の支配星は冥王星で冥王星は山羊座にあります、
山羊座の支配星は土星で、土星は蠍座に入りますので。

私は個人的には土星蠍座入りは、あまり嬉しくありません。
不動宮に星が多いため、ハードだらけになってしまうからです。
とはいっても、星は動いていますので、
誰にでも平等にいろんな運気が巡ってくるわけですけどね。
土星さん、お手柔らかに、、、と言いたいところですが、
別に土星が意地悪して試練がやってくるわけでなく、
それまでの自分を試されるだけなのですから、
自分の胸に手を当ててよ~く考えてみると、
怖いといっても、何がどう怖いのか、
それとも、よし、やっと今に基盤が完成するのだ、とか、
いろいろ見つめる時になるのでしょう。

きっと理想と現実のギャップに失望したりするんでしょうねえ。
だからこそ、どうやって取り組んでいくのか、が試される?
のかしらね。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング 


00:28:51
2012年の天体ショー第6弾!

8月14日未明に東の夜空に金星食が起こります。
金星食とは、金星が月に隠される現象です。
夜中なので天気がよければ見られます。
石垣島などの一部の地域を除く日本全国で観測が可能との事で、
金星が月に潜入したり、月から出現する様子を一部始終確認できそう。

沖縄ですと島の中部から金星が月に潜入せず重なったままの星食となり、
宮古島以西だと月と金星が重ならず、そのまま金星が月のそばを通過するようです。
潜入開始 14日 2時43分30秒
潜入終了 14日 2時44分35秒
出現開始 14日 3時42分30秒
出現終了 14日 3時43分25秒

金星食 図

前回の金星食は2003年5月29日で、この日は白昼の金星食でした。
次回は7年後の2019年8月1日に起こります。

2010年5月16日に三日月と金星が大接近したのですが、
香港や東南アジアでは金星食となったそうです。
世界規模で見ると金星食は起こっていますが、
日本で見られる「夜間」の金星食は23年ぶりとなるそうです。

この日は、お盆の時期で比較的晴れていることが多いので、
台風でも来ない限りお盆の金星食が見られる確率が高くなるでしょう。
ただ時間的に、早起きするか、寝ずに起きて観測するかになりますけど。

金星食 東京

地方へ帰省される方は、都会と違って、降ってくるような星の中に、
この金星食を見るかもしれませんね。蚊や虫に注意ですが(笑)
小さいお子さんでもいれば、
この日だけは夜更かしOKにして、家族で楽しむのも手かもしれません。
ただ、年配者がいれば、
「お盆の深夜に騒ぐなどもってのほか、ご先祖様がビックリするわ!」
などと言われて、あまりはしゃげないでしょうけれどね。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング 



02:49:06
東北地方も7月26日、梅雨明け宣言が出ました!
獅子座第1デークの太陽真っ盛りという感じで、暑い・・です。
この太陽の勢いたるや、絶好調を迎えそうな星まわり。

7月29日5時頃、太陽と水星Rが獅子座06度07分で合になります。
牡羊座08度26分の天王星Rに、月が射手座08度45分で、
火のサインでグランドトラインを形成します。
しかも、ASC獅子座で、日の出直前です!
っていうか、この時間はもう十分明るいし、晴れなら暑いよねぇ。

火のグランドトライン 2012年7月29日5時 東京

火のサインも元気だけど、風のサインもトライン形成ですね~。
月を引っ張ると、木星から凧があがる!じゃなかった、
カイトを形成しますね。勢いよく空を飛びそう(笑)

知性と独自性を強く感じさせますが、水星がまだ逆行中なので、
アイデアを発言する前に今一度慎重に考えてみる作業が大事かも。

Mercury conjunct Sun

Retrograde Mercury's conjunction with the Sun aligns intellect and identity to bring more clarity about oneself.
In principle, this connection should also make for more effective communication.
However, since the messenger planet is still retrograde it takes time to carefully think about what you should share about yourself before you start talking.
What we understand about ourselves may not translate directly into a form that others will see in the same way.

私、前回、勉強会の検討中の記事を書きましたが、
書いてしまってから、まだどうなるかもわからないのに、
言い出さなきゃよかったかなあ、後に引けなくなったら困るかも、
出来なかったら、問合せてお待たせしている方とか、
結局、ガッカリさせちゃったりするのかなぁ、とか、
正直、いろいろ考えてしまいました。

ブロとも申請を頂いた方もいらっしゃいますし、
コメントで、いろいろな情報を下さったり、意見や提案も下さった方々、
大変ありがとうございました!

いろんな発想が自分の頭の中で激しく飛び交っていますが、
再考しながら、だんだんと具体的にしていけたら、と思っています。
今しばらくお待ちくださいませ。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング 


21:38:56
現在、天王星と冥王星のスクエアに火星が参加しタイトな活動宮のT角ですが、
ここに新月前の月も加わり、7月18日にグランドクロスを形成します。

<7月18日1時のチャート>

グランドクロス 2012年7月18日1:00東京

前回のグランドクロス<6月27日のチャート>

2012年6月27日、12:33 カーディナルクロス・太月天冥

前回は、太陽と月のオーブをとっての参加でしたが、
今回は、火星と月でオーブがタイトです。
木星(と金星)の調停はありますが、冥王星にとっては150度になっています。

火星と天王星のハードは、事故やケガ、トラブル、
月と冥王星のハードは、感情の限界を超える、
コントロールのきかない熱狂性など、キレる、暴走する、という感じですね。

月の運行速度は1日で平均13度10分36秒ですから、
半日もすればオーブから外れていきます。
火星の動きは、月末には天秤座15度になります。

このグランドクロスの影響がある人は、
出生図に主要な天体が活動宮7度と不動宮22度前後にある方々、
となるわけですが、
先日の報道で、ミュージシャンの桑名正博さんが脳幹出血で急に倒れられ、
まだ意識不明の状態である、との事です。

彼は、不動宮の獅子座22度に冥王星があります。
この年代の方々はだいたい同じ位置に冥王星を持つことになります。
この冥王星に、T冥王星が135度、T天王星も135度、
倒れられた当日の15日早朝には火星は天秤座6度をまわっていましたので、
冥王星に45度をとる時でした。
この冥王星が、凶星3つにハードになっていたわけです。

ならば、この年代の人は皆、アブナイのでしょうか?
それは「年代的には」みな影響はあるという理論になります。
それが「個人でどう違うのか」、何が起きるか、については、
冥王星が個人天体とどのようなアスペクトがあるか、
またハウスにも関係してくるでしょう。

桑名さんの冥王星は、土星、海王星、木星とセクスタイルがあり、
個人天体とはオーブ10度とれば太陽とコンジャンクションです。
土星は回帰しています、2度目のサターンリターンを迎えた時期です。
気になるのは、突然、ということであり、N天王星に注目してみると、
蟹座20度の天王星は土星合海王星とスクエアですが、
この中間点(ミッドポイント)にT木星がいます。

チャートをみる限り、今は人生の節目、転機であるのは間違いありませんが、
まだまだ彼の人生は続くと思われます。
特にファンというわけでもなかったのですが、なぜか気になり見てみました。
意識が戻り、復活すること、今後のご活躍を祈りたいと思います。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング 


プロフィール

ミルラ

Author:ミルラ
占い師のミルラです

個人鑑定はHPにて受付中
http://mirura-astrology.webnode.jp/

リンクの
「ミルラのホームページ」から入れます















くる天 人気ブログランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ


現在の閲覧者数:




アクセスカウンター
(2012年7月23日より設置)

最新記事
カテゴリ
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 430

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

BMIチェッカー健康君
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR