fc2ブログ
ミルラのオフィシャルブログ 
2013/09«│ 2013/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2013/11
2013/10/31
00:19:18
しばらく前に、TVかなんかで貧困女子という言葉がありました。
正確な定義はよくわからないですが、
たしかその番組では、
手取りの給料ー家賃が9万ぐらいとの事だっだと思う。

そして、現在貧困女子急増とかなんとか、
という声もちらほら聞こえてくるのだが、、、

私からすれば、正直なところ、エェ~ッ!それで貧困なのか?
じゃあ、今までの世の中は随分と裕福で豊か過ぎたって事かしら、
などと思ってしまうのだった。
まあ、家賃がいくらかにもよりますけどね。
仮に、上の定義でいくと、
月収20万でも、家賃12万なら貧困女子、
家賃10万なら違う、ってことになるんですものね。

地方に住んでいる、ということもあるかと思いますが、
一人暮らしして社会人になってから、
この貧困女子範囲だった方が多いんですよ。

まず新入社員は間違いなくそうだし、
いい会社で年々給料がすごく上がっていくなら
20代のうちに貧困女子は卒業になるだろうけど・・・

私の場合は、会社員勤めで、しかも残業が多かった時の何年か以外は、
すべて貧困女子生活です(笑)

学生時代も仕送りは上限が10万で、
しかも家計簿というか、これこれにいくらかかりました、
トータルいくらでした、という報告書?を父親に提出し、
それで承認されればお金を送ってくれるのでした。

おこづかいなんてナシ、勉強するために学校に入れてるのだから、
遊ぶお金など必要ない、というのが父親の意見で、
自分のおこずかいが欲しければ、自分で稼げ、
しかしバイトによって学校の成績にひびくなら、
本末転倒になるため、許可しない、というものでした。
すご~く筋が通ってます、私も文句はありませんでした。

別に、厳しい親というわけでなく、うちは貧乏だったので、
親が出来る限度を示されただけなのです。
ここまではなんとか親として協力しますよ、ということです。

子供の頃から、貧乏生活だったので、
漠然とお金を稼ぐのはラクではない、
それも自分の好きな仕事で生活していけるのは、
世界でもほんのひとにぎりの人間だけ、という思いがありました。
父の教育?もあるかもしれませんが、
ほとんどは好きでもないし仕事をして、
自分のせいでなくとも、人に頭を下げて、
それでも稼げるのは、生活していけるかいけないかの額だ、
というのを聞かされました。

子供の私は、ある意味、大変なショックを受けました。
ショックで寝込みそうになりました(笑)
未来に生きる子供は、将来に対して「夢」をみるものです、
それが、無残にも打ち砕かれた上に、厳しい現実を見せつけられたのだから。

内心、そうかな、そうでもないんじゃない?と思いたかったが、
きっと、そうなのだろうな、それが世の中、現実なのだろうとも思いました。
なんか、悲しい子供ですよね。
それで悲観的になったのかな?

時は経ちて、大人になり、
それもいい年になってから占星術を知って、
自分の出生図を見て、なるほど~と思ったものです。

私の2室には土星がいるんです(笑)

地のサインが多いので、経済観念はあります。
中高生の頃に友人たちからよく言われたことがあります。
経済観念あるよね、しっかりしてる~、と感心されました。

たしかに、間違っても浪費家とは言えないでしょうね(笑)
ある分をいかに有効に使えるか、ない状況でどう工夫して乗り切るか、
にかけては、かなり実用的な創意工夫ができるタイプなのではないだろうか。

そのおかげで、貧困女子でも今まで生きてこられたのかもね。
2室土星でも、土星にはトラインがある。






☆  ☆  ☆  お知らせ  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆ 
鑑定を希望される方はこちら⇒「個人メール鑑定のご案内」
占星学レッスンを希望の方は⇒「個人メールレッスンのご案内」
姉妹サイト・ミルラのプライベートブログ ⇒ 「戀那のブログ」
Facebookページ ⇒ 「占者の○○」
ブロマガでカルダーノの出生図での格言シリーズ連載中です。
☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆










人気ブログランキングへ
くる天 人気ブログランキング 


スポンサーサイト




19:02:06
2013年は、彗星の当たり年と言われますが、
当たり年とは、2つの大彗星が訪れるから。
その彗星の名は「パンスターズ彗星」と「アイソン彗星」
3月頃のパンスターズ彗星に続き、アイソン彗星が11月頃に明るくなります。

アイソン(ISON)彗星(C/2012 S1)は、史上最大、明るく見える彗星だとか。
名称は、発見者が所属する国際科学光学ネットワーク
International Scientific Optical Network の略称。
発見者はベラルーシのヴィタリー・ネフスキー(Vitali Nevski)と
ロシアのアルチョム・ノヴィチョノク(Artyom Novichonok)

アイソン彗星 予想

どのぐらい明るいの?って思いますが、

明るくなることが約束された彗星などと言われていますが・・・
以前の予想では、過去の大彗星や、それ以上の大彗星になる可能性がある!
と思われていましたが、そこまで明るくなるのかどうか・・
11月頃ごろから明け方の東の空で、肉眼で見える明るさになると期待されているそうです。
28日(世界時)の近日点通過(太陽との最接近)に向け、
明るさを増しながら、しし座からおとめ座を動いている。
18日(予想では2等級)にはスピカと大接近し、
23日と24日(予想では0等級)は、低空ながら水星や土星と接近する。
近日点通過となる11月29日には、金星をしのぐほど明るくなりそうですね。


アイソン彗星


果たして、どのように見えるでしょうか。
2013年
11月初旬、 夜明け前の東の空に見え始める。
11月中旬~、夜明け前の東の空で、高度を下げつつ明るくなり尾が長くなる。
11月28日、近日点(彗星が太陽に最も近づく日)を通過する。
11月末以降、夕方、西南西の低い位置にいるよ。徐々に北へ移動。
12月初旬~、夜明け前の東の空の低い位置に、明るく長い尾で見える。
12月中旬~、 夜明け前の東の空で徐々に高度を上げていきます。
12月26日、近地点(彗星が地球に最も近づく日)を通過、地球から6420万km。
2014年、1月12日、アイソン彗星に起因する流星群が見られる可能性があります。
    明け方よりも夕方の方が高度が上がるので、夕方の方が条件が良い。

地球では北半球の中緯度が見やすく、
その点、日本は非常に条件がよい場所と言える、やったね!。

11月末から12月にかけて、夕方に見えるアイソン彗星は高度が低いことから、
夕方よりも明け方の方が条件良く観測できます。
2014年1月になると、明け方よりも夕方の方が高度が上がってくるため、
夕方の方が条件が良くなってくるそうです。

占星学的に用いている、黄道(太陽の通り道)を沿うように、
11月上旬から中旬にかけて移動します。

アイソン彗星 経路


アイソン彗星の見つけ方として、
明け方の東の空に、まず火星やスピカを目印に探してみよう。
近くにエンケ彗星もいます。

1_2013102517282163b.png

明け方の東の空に大きなしっぽを持つ姿が現れるかも。
12月いっぱいは肉眼で見える可能性があるようです。
見つけられるといいなあ。







☆  ☆  ☆  お知らせ  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆ 
鑑定を希望される方はこちら⇒「個人メール鑑定のご案内」
占星学レッスンを希望の方は⇒「個人メールレッスンのご案内」
姉妹サイト・ミルラのプライベートブログ ⇒ 「戀那のブログ」
Facebookページ ⇒ 「占者の○○」
ブロマガでカルダーノの出生図での格言シリーズ連載中です。
☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆










ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング 



02:27:35
10月26日2時10分頃、福島県沖(北緯37.2東経144.6)でM7.1
最大震度4の地震がありました。

こちらは揺れが少し長く感じました。
大きくなったら困るな、と思っていたところでおさまりました。
少し寝入ったところだったのですが、すぐ目が覚めてしまったわ。
自分のところの揺れは小さくても、
遠方での巨大地震の場合もありますので、
ちょっと心配になってチェックしたら、福島県沖との事ですが、
結構幅広い範囲で揺れがあったのですね。
福島県に津波注意報が出されました。

2.jpg

月が蟹座だしなあ、なんて思って地震図を出してみると・・・
1_20131026024031531.png

4室には金星と冥王星が入室、
金星は4室ルーラーの木星、そして月と150度、
天王星と冥王星はもうじき正確な90度にはなりますが、、
この図で他に気になる配置といえば、
ドラゴンヘッド・テイルとジュノーが、
太陽と土星、火星と天王星のハーフサムに「=」であること。
(ジュノーは水瓶座7度9分)
アスペクトだけみると、
火星、ヘッド、冥王星は60度、120度 ですが、
ハーフサムで見ると、ちょっとゾッとしますね。


<追記>

地震情報によると、当初M6.8でしたが、7.1に変更になったようです。
津波注意報も、当初の福島県だけ(26日02:14〜04:05)でしたが、
のちに、岩手県、宮城県、茨城県、千葉県九十九里・外房(26日02:50〜04:05)
も注意報発表になりました。


津波注意報により、避難勧告がでた地域もあるようです。

津波は、
40cm 相馬(03:38) 久慈港(03:23)
30cm 石巻市鮎川(03:07)
20cm 大船渡(03:01)
微弱 釜石(03:02)
東北電力によると、女川原子力発電所内の潮位計で03:07に55cmの津波を観測





人気ブログランキングへ
くる天 人気ブログランキング 



2013/10/25
21:21:06
エンケ彗星(2P/Encke)は周期3.3年で太陽の回りを公転する彗星で、
現在知られている周期彗星の中で、最も短い周期を持つ、
ハレー彗星の次に周期性が確認された彗星だそうです。

エンケという名の由来は、
ドイツの天文学者ヨハン・フランツ・エンケ(Johann Franz Encke)が、
過去に現れた彗星が同一の彗星であることをつきとめた功績によって名づけられた。

エンケ彗星は、11月に見られるおうし座流星群の母彗星としても知られています。

2013年は10月後半から11月中旬にかけてエンケ彗星が明るくなりますが、
7等台で、肉眼では見ることができないようですが、双眼鏡で観測でき、
天体望遠鏡を使うと、もちろん確実に見つけられますね。

コンタクトレンズを入れても視力1、5ぐらいの私の目には見えないか。

でも、まあ、そんな彗星もあるんだ、ということで紹介です。

<軌道>

エンケ彗星 軌道

どこに見えるの?

エンケ彗星 11月1日


10月下旬、こじし座から、ライオンの腰の上あたりを通って、かみのけ座の端へ、
10月23日、24日、しし座のδ星に近づく、
27日、28日、しし座のしっぽにあるβ星(デネボラ)へ近づく、
10月29日~11月2日、おとめ座銀河団の銀河へ近づく、
11月上旬、おとめ座銀河団を抜けて、おとめ座を大きく斜めに横切る、
11月4日~5日、おとめ座δ星へ近づく。
11月中旬、おとめ座の南東部を通過し、てんびん座に入る。
太陽に近づくにつて、見えなくなります。

エンケ彗星 2013年10月30日

エンケ彗星 2013年11月12日


日本では東京を基準にすると、朝の4時頃、東の空に注目ですね。

彗星というと、しっぽがある、と思うところですが、
エンケ彗星は何度も回帰を重ねているために、しっぽがないんだって。
核を取り巻くコマが発達し、丸くてぼんやりした星雲状に見えるのだそう。
多くの銀河がエンケ彗星のように星雲状をしているので、
しっぽのない星雲がどっかに紛れてるって感じかな。

占星学をやっているけど、こういう彗星とか天文学的なことまで、
なかなか精通はしていませんが、彗星や流星群とか、
いっぱいあるんだなあ、とあたらめて思ってしまいますね。

深夜から夜明け前の東の空を見上げることがあったら、
赤く光る火星が目印、あと月の位置を目安に、
11月中旬はスピカの近くに・・・見えないけど、
あのあたりに存在してるんだな、なんて思いながら眺めてみよう。






☆  ☆  ☆  お知らせ  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆ 
鑑定を希望される方はこちら⇒「個人メール鑑定のご案内」
占星学レッスンを希望の方は⇒「個人メールレッスンのご案内」
姉妹サイト・ミルラのプライベートブログ ⇒ 「戀那のブログ」
Facebookページ ⇒ 「占者の○○」
ブロマガでカルダーノの出生図での格言シリーズ連載中です。
☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆










人気ブログランキングへ
くる天 人気ブログランキング 



19:00:06
10月23日15時07分頃、太陽が蠍サインへ入ります。
季節では二十四節気で霜降、楓や蔦が紅葉し始める頃、
この日から立冬までの間に吹く寒い北風を木枯らしと呼ぶそうです。

蠍サインの太陽が他の惑星と形成するアスペクトは、

10月26日、海王星Rと120度
      夢があふれる、スピリチュアルな才能も開花?
10月31日、ドラゴンヘッドと0度、
      人間関係の拡大、意欲的な行動力、チームワーク力
11月02日、天王星Rと150度、冥王星と60度、水星Rと0度、
     決断は早まらず、ひと呼吸おいて、洞察力を働かせよう
11月03日、火星と60度、月と0度(新月)
      あふれる活力、気持ちと意識も一致
11月06日、土星と0度
      勤勉と手堅さが強み
11月13日、木星Rと120度
      幸福感と活気に満ちあふれる


私は、蠍座の団子状態はあまり光栄ではないのですが・・・
嫌がってても仕方ありません。
どんと来~い!なんて言ってみたいけど、そんな度胸ない。
お手柔らかにお願い・・・
じゃあ、次に課題を残すのか?
それもちょっと・・
やれるだけ頑張りますわ、ってところですね。

朝晩の冷え込みも厳しくなってきますので、
みなさんもどうぞ体には気をつけて、
健やかにお過ごし下さい。






☆  ☆  ☆  お知らせ  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆ 
鑑定を希望される方はこちら⇒「個人メール鑑定のご案内」
占星学レッスンを希望の方は⇒「個人メールレッスンのご案内」
姉妹サイト・ミルラのプライベートブログ ⇒ 「戀那のブログ」
Facebookページ ⇒ 「占者の○○」
ブロマガでカルダーノの出生図での格言シリーズ連載中です。
☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆










ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング 



21:57:06
今月24日までに、首都圏M7.5、震度6、7規模の地震が起きる、
と、地震雲研究の第一人者が緊急警告をしているそうだ。
http://news.nifty.com/cs/item/detail/gendai-000195557/1.htm

また別に、最近の地震予測情報として、次のようなものがあった。

予測される期間2013年10月11日~千島列島から北海道東部でM5クラス
予測される期間2013年10月18日~東北から中部でM5クラス

1_201310220046506dc.jpg  1_20131022004044597.jpg

10月11日以降から現在までで観測された地震で規模の大きかったものは、

10月12日2時43分頃、茨城県沖(北緯36.4東経140.7)M4.9 最大震度4
10月20日0時14分頃、宮城県沖(北緯38.2東経141.7)M4.9 最大震度4
10月20日10時7分頃、茨城県沖(北緯36.5東経140.7)M4.4 最大震度4
10月21日12時33分頃、十勝地方南部(北緯42.3東経143.1)M4.6 最大震度3

日本以外では、
10月15日9時13分頃、フィリピン付近 M7.2
10月16日19時31分頃、ニューギニア付近 M7.1 がありました。

12日の茨城県沖は最近の予測情報の地域外にはなりますが、
他の3つは、地域と一致、レベルはM5ではないが、
宮城沖のM4.9などごく近い、他は中規模ではありますね。

これって、占星学的に見ると、どうなのかしらん?
と思ってチェックしてみたくなる私ですが、なかなか興味深い結果となりました。

各地震図のチャートは、

<10月12日2時43分頃、茨城県沖>
1_20131022012448403.png

<10月20日0時14分頃、宮城県沖>
1_201310220129313f2.png

<10月20日10時7分頃、茨城県沖>
1_20131022013754f60.png

<10月21日12時33分頃、十勝地方南部>
1_20131022014302ef3.png

IC、または4室入室惑星と天王星の関係だけで見た簡単な分析は、
上から、ICに120度(4室惑星と90度)150度、0度、45度ですね。


24日までは首都圏M7.5、震度6、7規模に警告との事ですが、
星的に、凶星のアスペクト、また東京作成でICに重なるケースを見ると、
22日は、月は火星、海王星とT角になっていきます。
4時21分頃にIC合冥王星、10時12分頃にIC合天王星
20時01分頃、IC合火星となり、
23日は0時16分頃にIC合土星、他は、前日のほぼ似た時刻になります。

いろんな可能性を考えると、一日何回も出てきますから、
考え始めると、キリがなくなりますけどね。
なんか、11月以降の方が怪しい気がするのだけれど・・・
今後も検証と考察を重ねていきたいと思います。


<後記、検証記録>

ICに凶星が重なるケースをあげましたが、
実際にその日時に地震が発生したのかを検証してみましょう。

22日4時21分頃(IC合冥王星)→ 2時間後、6時18分頃 釧路沖M3.2
22日10時12分頃(IC合天王星)→ 6分後の10時18分頃発生
22日20時01分頃(IC合火星)→ 3時間後23時43分頃、新潟中越M2.6
23日0時16分頃(IC合土星) → 2分前の0時14分頃発生

地震図
2013年10月22日10時18分頃、福島県沖(北緯37.7東経141.9)M5.3 震度3
1_20131022113543e00.png
ICは、3室最後にある天王星と2度半差で合、
トライン金星(3度差)150度土星(0度7分差)
天王星は冥王星と90度(0度32分差)ノードと150度(2度内)
ICカスプは牡羊サインで、火星は月と海王星とT角でした。

2013年10月23日0時14分頃、宮城県沖(北緯38.2東経142.6)M4.3 震度1
1_201310230050397ce.png
IC合土星(と水星)150度月。ICルーラーの冥王星は天王星と90度、
土星と60度(3度差)火星と120度(5度差)月と150度(3度内)

この2つはICと凶星に関連した時刻近くに発生しました。

あとは、
6時18分頃 釧路沖M3.2 では、ASCが蠍サイン、ICが水瓶サイン、
月は海王星と火星にT角を形成する時、正確形成の直前でした。
23時43分頃の新潟県中越では、ASC獅子サイン、IC蠍サイン、
土星、冥王星に月のYOD






☆ ☆  お知らせ  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆ 
鑑定を希望される方はこちら⇒「個人メール鑑定のご案内」
占星学レッスンを希望の方は⇒「個人メールレッスンのご案内」
姉妹サイト・ミルラのプライベートブログ ⇒ 「戀那のブログ」
Facebookページ ⇒ 「占者の○○」
ブロマガでカルダーノの出生図での格言シリーズ連載中です。
☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆










人気ブログランキングへ
くる天 人気ブログランキング 



22:02:06
10月21日19時25分頃、蠍サインにいる水星が逆行します。
逆行期間は11月11日まで約3週間、
蠍サイン18度23分から02度21分まで戻ります。

水星の逆行は、年に3回、4ヶ月に一度、約3週間ほど発生します。
今年は水サインでの逆行期間にあたりましたね。

蠍サインには、現在、ドラゴンヘッドと土星がありますが、
水星は両者を一度通り過ぎましたが、
今回の逆行で、おぅ!また会ったな、じゃまた!と挨拶をし、
合計で3回の出会い、順行で2回重なる配置になります。

水星と土星の合は、10月7日、10月30日(R)、11月18日
水星とヘッドの合は、10月9日、11月3日(R)、11月26日

これらの星たちが自分の出生図のどのあたりになるか、
によって、運勢というか流れを見るのもいいですね。

逆行期間はよく、物事のスタートより、再考する方が有利と言われますから、
9室にあたる私は、これまでの専門的な学習の復習や整理をしたいな。
専門分野は、けっしてラクでなく、難しい面がありますので、
そこに楽しさを求めてしまうと、ちょっと辛くなる時もあります。
そこで、ちょっとゆる~く楽しく面白くをつまみ食いでもしようかと、
星占いの簡単で楽しい本を選んで読んで見ましたが、
手応えがなく、かなり物足りなさが残りました。
やっぱり、蠍は深く洞察するサインなので、
広く浅く、ラクで楽しく、という雰囲気は相いれませんのね。











ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング 



20:20:06
オリオン座は冬の夜空に見える代表的な星座です。

オリオン座

10月21日頃、このオリオン座の右腕のあたりに放射点を持つ
「オリオン座流星群」の活動がピークを迎えます。
オリオン座の方向から流星が飛び出してくるように見えることから、
このような名前で呼ばれています。

ハレー彗星の通り道を毎年この時期に地球が通過する際に、
そこに残されていた塵が地球の大気に飛び込んで、
上空100km前後で発光して見えるそうです。

2013年は、10月21日の19時が極大になりますが、
この時間帯は輻射点のあるオリオン座がまだ昇ってきません。
オリオン座が見えてくるのは深夜あたりなので、
21日の深夜11頃から22日の夜明けまでが観察できる時間帯かな。
流星の観察には、月の明るさがちょっと邪魔になりますが、
この日は満月2日後の明るい月の光があるので、
なるべく月の光を目に入れないように、夜空を広く見渡してみましょう。

数は1時間に約15個、 速度は速く、比較的明るい流星が多いことが特徴です。

オリオン座流星群

流星はどこに見える?

放射点はオリオン座の右肘のあたりですが、
オリオン座というよりは、ふたご座の足元付近になりますね。
オリオン座は、東京の場合で21時頃に東の空から昇って、
西の空へ沈むのは夜明け後になります。
輻射点の高度が30度を超えてくる0時頃からが見やすい位置かになります。

オリオン座は、東から昇って、西に沈むまで、
私たちの目からみて、ちょっとづつ向きがかわるように見えます。

東の夜空    →    南の夜空     →     西の夜空

オリオン座 東 オリオン座 南 オリオン座 西

私は単純に、どっかに蝶蝶みたいに見える星、を探しますが、
三ツ星を見つけられれば、大丈夫、そこにオリオンがいるわ。

日本で代表的な冬の星座ってことは、日本の裏側では、真夏の星座なのね。






☆  ☆  ☆  お知らせ  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆ 
鑑定を希望される方はこちら⇒「個人メール鑑定のご案内」
占星学レッスンを希望の方は⇒「個人メールレッスンのご案内」
姉妹サイト・ミルラのプライベートブログ ⇒ 「戀那のブログ」
Facebookページ ⇒ 「占者の○○」
ブロマガでカルダーノの出生図での格言シリーズ連載中です。
☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆










ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング 



23:35:06
10月19日08時38分頃、牡羊座25度45分で満月を迎えます。
今回の満月は月食を伴います。

この満月(太陽と月)が形成するアスペクトは、
度数は離れているものの、蟹座木星とT角。
ICに月が45度、太陽が135度。

他は、水星土星の合が木星とトライン、
金星は分離ですが、天王星とトライン、
天王星と冥王星は相変わらずスクエア。

気になるのは、9室火星と3室海王星のタイトな180度ですね。
海王星は4室の支配、火星は5室、12室の副支配星で、
3-9室は、移動と考えると、
娯楽などでの旅行、移動中の事故などが連想されます。
居眠り運転、酒酔い運転なども注意が必要かも。

<満月図>

満月 2013年10月19日 牡羊座(月食?)


さて、今回の満月は月食を伴いますが、半影月食になります。
この月食が見られる地域はアフリカ大陸、ヨーロッパを中心に広い範囲、
日本では半影月食が始まる前に月が沈んでしまうので見られません。
半影食の始めは6時48分、
食の最大は8時50分、
半影食の終りは10時52分です(日本時間)

月食は、月が地球の影に入る現象で、必ず満月の時に起こります。
日食とは違い月食の起こる時刻は、
「月の見えるところなら世界中どこでも」同じ時刻に見ることができる。
月食の時に夜になっている所なら見れるということね。

だから、今回、日本は夜じゃないから見れないということ。
日本の反対側では見れるのね。

上の図のホロスコープの真ん中の円の中に、自分がいると思ってください。
ASCの線が東の地平線で、その線から上が見える範囲、
頭の上には、火星がいるわね。
この真ん中の円を地球にたとえると、
火星の下あたりに地球儀の日本が位置すると思っていただければ、
月は地球の裏側のアフリカ、ヨーロッパあたりになるのが分かると思います。

世界地図では、見える範囲はこんな感じ。

月食 2013年10月19日 


あと、満月といっても、
必ず「夜に」正確な太陽と月の180度になるわけでないので、
今回は、18日の夜に見える月は、占星学上の牡羊サインにあり、
19日に見える月は、牡牛サインになってきます。

牡羊座、牡牛座という記述でこれまでも書いてきましたが、
それは、西洋占星学上のサインのことです。
これまで読んでくださっている読者の方は、ご存知だとは思いますが、
あらためて星座の違いについて書いておこうと思います。

夜の空にみえる星座(コンステレーション)は、
全天360度で占める大きさ、長さ、というか度数が違います。
参照⇒「夜空に見える星座の度数」

西洋占星術で使用しているのは、
牡羊座の0度を起点とし、各サインを30度で等分しています。
牡羊サインとか、白羊宮とか言いますが、
このブログでも便宜上、牡羊座と書いています。

また占星術と名の付くのは同じでも、
インド占星術のサインの起点の決め方はまた異なります。
参照⇒「トロピカル方式とサイデリアル方式」
おさらいまで。






☆  ☆  ☆  お知らせ  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆ 
鑑定を希望される方はこちら⇒「個人メール鑑定のご案内」
占星学レッスンを希望の方は⇒「個人メールレッスンのご案内」
姉妹サイト・ミルラのプライベートブログ ⇒ 「戀那のブログ」
Facebookページ ⇒ 「占者の○○」
ブロマガでカルダーノの出生図での格言シリーズ連載中です。
☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆










ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング 



02:02:06
先月9月19日は中秋の名月でした。
満月まっ只中の、まんまるお月さんが見られましたね。
秋の月見は情緒があっていいものです。

名月といえば、
中秋の名月が有名ですが、もう一つ名月が存在するのだそうです。
それは「十三夜の月」と呼ばれるもので、旧暦の9月13日に見られる月。
十三夜の月は満月になる手前で、
日本にいる私たちの目から見て、左側がちょっとだけ欠けてますが、
その欠けぐあいがまた趣があっていいのだそうです。
実際には、欠けているのかわからない感じ、ほぼまんまるに近いと思います。

2013年の十三夜月は10月17日にあたります。

十三夜月

10月17日、夕暮れまもなく月が昇ってきますが、
19時の時点では、月は天王星(肉眼では見えないけど)の近くにいます、
時間とともに月は天頂をすぎ、西へ向かいます。
18日の04時頃、西の空に沈むかという時間には、
占星学上で天王星と0度になり、金星とトラインになっていきます。


十三夜の月とは 

中秋の名月は有名ですが、十三夜の月や十三夜月と呼ばれるものがあり、
後の月とも言われるそうです。
中秋の名月は旧暦8月15日に見える月、
十三夜の月は旧暦9月13日に見える月のこと。
現在の暦でいうと十三夜は10月頃になりますが、
ちょうどこの頃は栗が実る時期なので「栗名月」と言うのだとか。
中秋の名月は、おだんごを食べながら、、
十三夜の月は、栗をほおばりながら、のお月見かな。

お花見じゃないけど、お月見でも、
日本人って情緒あるというか、感性が素晴らしいよね。

ちなみに満月は、10月19日だよん。





☆  ☆  ☆  お知らせ  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆ 
鑑定を希望される方はこちら⇒「個人メール鑑定のご案内」
占星学レッスンを希望の方は⇒「個人メールレッスンのご案内」
姉妹サイト・ミルラのプライベートブログ ⇒ 「戀那のブログ」
Facebookページ ⇒ 「占者の○○」
ブロマガでカルダーノの出生図での格言シリーズ連載中です。
☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆









ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング 



02:22:06
最近は宵の明星で、金星が日没後の西の空でひときわ輝いていますね。
火星とレグルスのランデブーに続き、
金星はアンタレスとランデブーです(笑)

アンタレスはさそり座の赤い1等星です。

1_20131014211506f2c.jpg

10月17日には金星が最接近になる。

1_20131014212123efd.jpg

宵の明星に赤いアンタレス、
日没後ですので、見れる機会は多いかと思いますし、
ひときわ輝くこの二つの星は見つけやすいでしょう。

1_20131014213135941.png

また、満月が近くなるので、東の空には結構太った月が顔を出すでしょう。
西の空には、金星とアンタレス、東の空には月と、
結構、最近の夜空は見ごろですね~。

といっても、16日の天気予報は・・・
大型の台風26号WIPHA(ウィパー)が日本列島に近づいて、
暴風雨になるとか。怖。

雨で見えなくても、遠くの空には星がある。





☆  ☆  ☆  お知らせ  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆ 
鑑定を希望される方はこちら⇒「個人メール鑑定のご案内」
占星学レッスンを希望の方は⇒「個人メールレッスンのご案内」
姉妹サイト・ミルラのプライベートブログ ⇒ 「戀那のブログ」
Facebookページ ⇒ 「占者の○○」
ブロマガでカルダーノの出生図での格言シリーズ連載中です。
☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆










にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング 



22:22:06
10月15日、火星が乙女座へ入り、恒星のレグルスと合になります。

正確には、
占星学的には火星が乙女のサインに入った、というべきでしょうか、
実際に夜の空に見える星座(コンステレーション)では
「しし座」と読んでいる形の位置になります。

しし座

恒星のレグルス(Regulus)は、
ラテン語の「小さな王」の意味で、
コル・レオニス「獅子の心臓」とも呼ばれるロイヤルスターです。

恒星は、Fixed star の名のごとく、
太陽や月、水星などと違い、ほとんどその位置を変えません。
例えば、太陽は1日で約1度進みますが、
恒星は1度進むのに約72年もかかります。

しし座のレグルスの位置は、
1900年では、獅子座28度26分、2000年には獅子座29度50分で、
ついに2011年にビックイベント(占星学的には?)がありました。
2011年8月10日にレグルスがサインを変えた!
歳差運動のため、このような移動が起こる(計算される)のですが、
ずーっと獅子サインの29度と言ってきたのが、
乙女サイン0度に突入したわけなんですね。

というわけで、
火星とレグルスが黄道上で重なるのが10月15日、
天文学的には最も接近するのが15日の21時頃ですが、
この時間には二つの星は地平線下にあるため、
実際に夜の空にこの二つの星が見えるのは16日未明から明け方にかけて。
赤い火星が1.5か1.6等で、レグルスは1.4等なので、
明るさはだいたいおんなじぐらいに見えるのでは、と思います。

1_201310142025325a8.png
(黄色い線は黄道です)

1_201310142029358c5.png

天気が良ければ見れるかなあ。
明け方の空に、比較的低いに赤く輝くのが火星、すぐそばにレグルス、
その上には木星が輝いているはずです。

最近は朝晩肌寒くなってきましたので、
ふとんの中でぐっすりおねんねの時間かもしれませんが、
10月中はまだ火星が見つけられれば、近くにレグルスがあります。

魔女、または魔術師のみんなは絶好調の時間でしょう(笑)
魔女タイムの休憩にカーテンを開けて、しばし星見といきましょうか。






☆  ☆  ☆  お知らせ  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆ 
鑑定を希望される方はこちら⇒「個人メール鑑定のご案内」
占星学レッスンを希望の方は⇒「個人メールレッスンのご案内」
姉妹サイト・ミルラのプライベートブログ ⇒ 「戀那のブログ」
Facebookページ ⇒ 「占者の○○」
ブロマガでカルダーノの出生図での格言シリーズ連載中です。
☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆










にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング 



05:47:06
10月15日20時05分頃、火星が乙女座へ入ります。
今回の火星の乙女座滞在は12月08日までです。

乙女座の火星が他の惑星と形成するおもなアスペクトは、

10月20日、魚座2度の海王星Rと180度
10月24日、蟹座20度の木星と45度
10月28日、蠍座7度のドラゴンヘッドと60度
10月31日、山羊座9度の冥王星と120度、牡羊座9度の天王星Rと150度
11月01日、蠍座10度水星Rと60度
11月03日、蠍座11度の太陽(新月)と60度
11月09日、蠍座14度の土星と60度
11月19日、蟹座20度の木星Rと60度
11月22日、蠍座6度のヘッドと45度
12月04日、蠍座27度の水星と60度

海王星との180度、また天王星150度はちょっと気になりますが、
あとは比較的ソフトアスペクトが多いですね。
金星以外とはすべて関与していくので、
いろいろ何をけしかけるのか、って感じもしますけど。
せっかくの強い情熱的なエネルギーですので、
実用的かつ建設的に発揮したいものです。

天王星と冥王星は長期のスクエア中で、
両者の順行逆行合わせて7回の90度を形成しますが、
4回目の形成が11月01日(牡羊、山羊の09度26分)です。
ここに火星も両者に対してアスペクトを形成するので、
火星がどういう引きがねになるのかな、というところ。

個人では出生図との関連によりますが、
生活での細かい部分の改善や、
健康について見直したりするチャンスになるかもしれません。

地のサインや水サインの人にとっては、ほどよい力になりそう。
柔軟宮にとっては、ちょっと使い方が大変かも。
無駄な労力にならないように、上手く調整力を働かせてね。





☆  ☆  ☆  お知らせ  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆ 
鑑定を希望される方はこちら⇒「個人メール鑑定のご案内」
占星学レッスンを希望の方は⇒「個人メールレッスンのご案内」
姉妹サイト・ミルラのプライベートブログ ⇒ 「戀那のブログ」
Facebookページ ⇒ 「占者の○○」
ブロマガでカルダーノの出生図での格言シリーズ連載中です。
☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆









ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング 



05:55:06
2013年10月9日05時26分頃、
千島列島(北緯45.6度 東経150.3度)深さ10㌔を震源とする
M5.5の地震がありました。
続けて、5時30分頃に北海道東方沖を震源にM4.4の地震がありました。
震度は1~2ということで、津波の心配もないようです。

マグニチュートの高い、05時26分の地震図を出してみると

1_20131009073102570.png

ASC合太陽、MC合木星など、アングルが活動宮で、
4室入室惑星はナシだが、ICは山羊座で、
土星、水星、ドラゴンヘッドの合が天王星と150度、
冥王星とは60度、など、
すべての惑星のアスペクトが絡み合っているのが分かります。


マグニチュード5クラスの地震は、
10月3日13時13分頃、奄美大島近海でもありました。

1_20131009074059102.png

こちらもアングルが活動宮で、ASCは冥王星と合ですね。
太陽=天王星/冥王星で、T角です。
4室入室惑星はナシですが、ICは牡羊座で火星は、
冥王星と135度形成へ、接近で1度30分内に入っています。
金星(10室支配)は冥王星と45度、天王星と135度です。


あと、10月1日12時38分頃にはカムチャツカ半島付近でM6.3

1_2013100907572812b.png

ASC合冥王星、IC合天王星、MC合太陽で、
こちらも配置が酷似していますね。

木星は活動宮のグランドクロスにしては現在度数が離れていますが、
今年11月から来年春まで逆行があるので、
厳密には木星、天王星、冥王星はT角を形成中ということになりますね。
この配置を太陽や火星を含む惑星が刺激して発生していると思われます。



編集後記

今日は午後からのシフトの仕事とはいえ、
ちゃんと眠らないといけない時間でしたが、
なんだか途中で目が覚めてしまいまして、
4時すぎ頃から、むっくり起き上がって、
占星学で地震を始源図と照合する作業をしていました。
何気に地震情報を見たら、M5以上の地震が発生していたので、
記録としてUPしておこうと書いたのでした。





☆  ☆  ☆  お知らせ  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆ 
鑑定を希望される方はこちら⇒「個人メール鑑定のご案内」
占星学レッスンを希望の方は⇒「個人メールレッスンのご案内」
姉妹サイト・ミルラのプライベートブログ ⇒ 「戀那のブログ」
Facebookページ ⇒ 「占者の○○」
ブロマガでカルダーノの出生図での格言シリーズ連載中です。
☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆












くる天 人気ブログランキング 



01:22:03
10月8日02時55分頃、金星が射手座へ入ります。
今回の金星の射手座滞在は11月5日までです。

射手座の金星が他の惑星と形成するアスペクトは、
10月8日に、月との0度からはじまり、
10月10日、魚座の海王星Rと90度
10月17日、牡羊座9度の天王星Rと120度
10月27日、蟹座19度の木星と150度、などです。

金星が獅子座の景色をまとうと、
例えば恋愛では、
射手座の行動力、俊敏さ、切りかえの速さでいえば、
つぎつぎと恋愛遍歴を重ねていく。
興味の赴くままに、あ、この人好き!
え?私のこと好きじゃないの?じゃあ、次、とか。

楽しみや趣味では、哲学的なことにハマれる時かも。
ナショナルジオグラフィックなんかのページをめくっては、
冒険心が刺激され、生きる楽しみが倍増するか、
あれよあれよという間に、海外旅行なんか行っちゃったりする。

射手座は楽観性という強みをもっている、
なんといっても、木星がバックについている(笑)

慎重派や消極的なサインが多いと、こうはいきませんよね。
行きたくても、現実には・・とか、
理由つけてダメな方向へ考えてしまう悲しさよ。

私の身近にいる、ある射手座の人は、
いつも変わった、新発売とか限定のお菓子を見つけてきます。
スタンダートから冒険できない私は、
見たことも、食べたこともないお菓子(笑)
思わず「いつも必ずこういうの見つけてくるよね?スゴイ!」
と、外から舞い込んだ冒険?に感心するばかりである。





☆  ☆  ☆  お知らせ  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆ 
鑑定を希望される方はこちら⇒「個人メール鑑定のご案内」
占星学レッスンを希望の方は⇒「個人メールレッスンのご案内」
姉妹サイト・ミルラのプライベートブログ ⇒ 「戀那のブログ」
Facebookページ ⇒ 「占者の○○」
ブロマガでカルダーノの出生図での格言シリーズ連載中です。
☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆









ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング 



03:57:55
りゅう座流星群は、毎年10月上旬に活発になる流星群です。

りゅう座に輻射点を持つ流星群は、二つあり、
ひとつは、毎年1月1日〜1月5日頃に活発になる「しぶんぎ座流星群」
もうひとつが、10月上旬に活発になる今回の「10月りゅう座流星群」です。

りゅう座流星群は、
ジャコビニ・ジンナー彗星(21P/Giacobini-Zinner)
を母彗星とする流星群であるため、
以前はジャコビニ流星群と呼ばれていました。
しかし国際天文連合(IAU)による公式名称が
「10月りゅう座流星群」October Draconids と確定したため、
現在ではこの名で呼ばれているそうです。

いつ見れる?

2013年は10月8日夕方から9日夜更けにかけて、
極大時刻は10月9日2時頃、
新月まもなくで月齢が3.4で月明かりの影響はないので見やすい。

見える方向と時間は?

北西から北の方角、夕方頃が最も良い条件となります。
輻射点(放射点)はりゅう座の頭付近にありますので、
10月頃だと夕方に高度が高くなり、時間の経過とともに高度が下がる。
見える方向はそれほど考えなくても大丈夫なのですが、
輻射点のある方向を見たい方は、夕方がよいかも。
輻射点を中心に四方八方へ飛び出すように流れて見えます。
輻射点の近くでは流星は短く、離れるほど長くなって見えます。
また、輻射点の高度が高いほど流星は見えやすくなります。

流星の数は?

もともと出現数が少ないので、1時間に数個の流星が見られる程度ですが、
流れる時間が他の流星に比べて長いので、お願いする時間はあるかも。

りゅう座流星群





りゅう座のおはなし

世界の西の果てにあるヘスペリデスの園に金のリンゴがありました。
大神ゼウスと女神ヘラの大切な黄金のリンゴの木です。
この木を守るため、リンゴの木には眠らない竜が巻き付いて永年守っていました。
しかし、この竜はうっかり居眠りをしてしまったため、
ヘルクレスに殺されて金のリンゴを奪われた、と言われています。
しかし、長年金のリンゴを守ってきた功績により、星座に上げられたそうな。




☆  ☆  ☆  お知らせ  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆ 
鑑定を希望される方はこちら⇒「個人メール鑑定のご案内」
占星学レッスンを希望の方は⇒「個人メールレッスンのご案内」
姉妹サイト・ミルラのプライベートブログ ⇒ 「戀那のブログ」
Facebookページ ⇒ 「占者の○○」
ブロマガでカルダーノの出生図での格言シリーズ連載中です。
☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆










にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング 



20:38:24
今年2013年、伊勢神宮で第62回式年遷宮の年にあたるそうだ。
式年遷宮は、伊勢神宮において定期的に行われる遷宮で、
20年ごとに内宮(皇大神宮)外宮(豊受大神宮)の二つの正宮の正殿、
14の別宮の全ての社殿を造り替えて神座を遷す。
このとき、宝殿外幣殿、鳥居、御垣、御饌殿など計65棟の殿舎のほか、
装束、神宝、宇治橋なども造り替えられる、という。

20年に一度と聞いて、
占星学畑でひなたぼっこをしている私の頭に浮かんだのは、
木星と土星の会合周期である。
木星と土星の0度はグレイトジャンクションといい、約20年に一度ある。
2013年の現在は木星蟹座、土星蠍座で水サインでのトラインです。
ということは、遷宮の年はトラインの時にあたってる?
おぉ~、なんと素晴らしい!縁起がよろしい(失礼)
などと一人で感心して盛り上がってしまったのであった。

さて、実際の配置はどうだったのか?

まずは遷宮の年のチェックから、

1945年 第二次世界大戦終戦による影響が残り、第59回式年遷宮中止を告示
1949年 宇治橋架け替えのみ実施
1953年 10月2日 第59回内宮式年遷宮
    10月5日 第59回外宮式年遷宮
1973年 10月2日 第60回内宮式年遷宮
    10月5日 第60回外宮式年遷宮
1993年 10月2日 第61回内宮式年遷宮
    10月5日 第61回外宮式年遷宮
2013年 10月2日 第62回内宮式年遷宮
    10月5日 第62回外宮式年遷宮 (ウィキペディアより抜粋)

近いところから、
2013年、木星(蟹座)土星(蠍座)水サインでトライン
1993年、木星(天秤座)土星(水瓶座)風サインでトライン
1973年、木星(水瓶座)土星(双子座)風サインでトライン
(遷宮日の10月2日は土星は蟹座だが、春分図では双子座)
1953年、木星(双子座)土星(天秤座)風サインでトラインでした。

それ以前の1929年、1909年は、ちょうど20年の間隔でなはないため、
このトラインは崩れますが、、
戦後の日本で言えば、遷宮は木星と土星で風のトライン時期だったんですね。
今年2013年は水サインのトラインですが、
ちなみに20年後の2033年は、木星水瓶座、土星蟹座になっちゃいますわね。

伊勢神宮は、日本の神社の最高峰で
太陽を神格化した天照大神がおわしますところ。

西洋占星術でも、太陽は重要視されます。
地球上の人間は太古より、おてんとう様があって、光を得、
作物を実らせる根源だったのですから、言うまでもありませんが・・・
日いづる国である、日本という国の節目でもあるのだろうと感じました。





☆  ☆  ☆  お知らせ  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆ 
鑑定を希望される方はこちら⇒「個人メール鑑定のご案内」
占星学レッスンを希望の方は⇒「個人メールレッスンのご案内」
姉妹サイト・ミルラのプライベートブログ ⇒ 「戀那のブログ」
Facebookページ ⇒ 「占者の○○」
ブロマガでカルダーノの出生図での格言シリーズ連載中です。
☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆










くる天 人気ブログランキング 


23:32:55
早いもので、今年もあと3ヶ月をきりました。
10月5日09時35分、天秤サイン11度56分で新月になります。

この新月が他の惑星と形成するアスペクトは、
牡羊座10度の天王星とオポジション、山羊座9度の冥王星とスクエアで、
活動宮でT角になり、刺激的な配置ですね。
蟹座18度に木星があり、サイン的にはグランドクロスですが、
アスペクト形成としては度数が離れています。
あとは、金星と45度、火星とは3度差で45度。

他には、
蠍座の水星、土星、ドラゴンヘッドのコンジャンクションの
だんご3兄弟が、魚座の海王星Rとトライン。
土星と天王星はタイトな150度です。

新月 2013年10月5日09:35天秤座

ASC、ICともに水のサインですから、秋雨が多いかもしれませんね。
台風もまだあるかも。

気象情報によると、10月3日21時現在では、
台風23号FITOW(フィートウ)が
3日21時には沖縄の南にあり、北へ毎時10kmで進んでいます。
中心気圧は980hPa、中心付近の最大風速は30m/sで、
この台風は4日21時には那覇市の南南東約380kmに達する見込みで、
5日21時には宮古島の東約110kmに、
6日21時には東シナ海に達する見込み、とのことです。

台風23号


新月(太陽と月)は10室の終わりにあり、
4室終わりにある天王星と一番タイトなアスペクトを形成し、
T角にからみ、天王星=太陽/冥王星、月/冥王星です。
そして、IC=土星/天王星です。
事件、事故、災害などが予想されます。

地震ということでは、
10月に入って、M4~6の地震が発生しています。
中規模地震に注意が必要かもしれません。




☆  ☆  ☆  お知らせ  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆ 
鑑定を希望される方はこちら⇒「個人メール鑑定のご案内」
占星学レッスンを希望の方は⇒「個人メールレッスンのご案内」
姉妹サイト・ミルラのプライベートブログ ⇒ 「戀那のブログ」
Facebookページ ⇒ 「占者の○○」
ブロマガでカルダーノの出生図での格言シリーズ連載中です。
☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆










にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング 



プロフィール

ミルラ

Author:ミルラ
占い師のミルラです

個人鑑定はHPにて受付中
http://mirura-astrology.webnode.jp/

リンクの
「ミルラのホームページ」から入れます















くる天 人気ブログランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ


現在の閲覧者数:




アクセスカウンター
(2012年7月23日より設置)

最新記事
カテゴリ
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 430

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

BMIチェッカー健康君
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR