FC2ブログ

星のささやき ~ 月夜のダイアリー ~

ミルラのオフィシャルブログ 

Entries

太陽の通り道


前回の記事で、
お月さんの昇る位置についてふと思い、
太陽の通り道と月の通り道について考えてみました。

それで、太陽と月の軌道が全く同じではないないので、
月は太陽との通り道の交差点を境に
太陽の通り道の北側を通ったり南側を通ったりして、
ぐるぐるまわっている。
そこまでは、なんとなくわかりました。
なんとなく、というのは、
理論上そうだから、そうなるのだろうと「思った」段階だからです。

もうひとつ、ふと思うことがありました。
太陽と月の通り道で違いはあっても、
月の出る位置と太陽の出る位置はそう大幅に変わらないだろうと、
どこかで勝手に思っていたふしがあります。
変わらないだろうというのは、
東の地平線のに朝の太陽が昇ってくる地点と、
夜に月が昇っている地点の南北の位置のことです。

11月20日の日の出を見れる機会がありましたので、
東の太陽がでている位置を観察していました。
すると、11月15日の夜に月が昇ってきた位置と、
だいぶ違いました。

部屋からみて、14日に月がでた位置より、
20日の日の出の位置は、だいぶ南側よりでした。
大幅に(笑)です。

15日のお月さんは
あの森の木のこの茂みのあたりの隙間から出てきた、
今朝の太陽は、だいぶ南側の、
大学付属校の建物の屋根のわきぐらいから出ていたんです。

なぬ~?
これはどういうことでしょう。

(天文に詳しい方は、そんなの当たり前じゃないかーー!!
と思うでしょうが、そうか、今わかったのか~、
という温かい目で見てやってくださいまし。)

調べてみますと、
東の地平線を基準に、太陽の通り道(黄道)を
1日でも各時間ごとに調べてみますと推移があります。
日の出の位置と、日没の位置ではだいぶ違います。

このことは、天の赤道と黄道は傾きがあることは知っていたもの、
黄道の見え方を東の地平線に追ってみて、
へえ~、こんふうに変わっていくのか、
日の出と日没での黄道が東側でも
南北にどのぐらいの差があるのかを、改めて思い実感しました。

なんとなく、同じぐらいなんだろうな~、
などと勝手に思っていた自分の愚かさに気づかされました。

私は占星術に携っているので、
太陽の通り道である黄道の、黄経度数の360度の平面では、
天体の位置や動きには日々関心が向いているものの、
実際の空の黄道がどの位置でどのように動いていくのか、
あまりわかっていなかったのですよね。

天文についてはまだまだ、かなり勉強不足なのだな~、と思いました。

中学の天文レベルで唸っている私ですから、
勉強しようと思ったとしても、
何からどう手をつけてよいかという感じですし、
とりあえずランダムに知識を詰め込んでも、
なんかわかったようなわからないようなまま終わってしまいそうです。

具体的にこのような疑問が出てきたとき、
そのことについてよく調べてみる、確認してみることで、
やっとひとつ分かっていく感じがします。

一つわかると、それに関連してあらたな疑問というか謎が
芋づる式のようにどんどん浮上してきてしまいます。
それを知りたくて、また考えます。
私にとっていろんなことを知ることは、理解できたとういう喜びと共に、
自分がいかにそれまで物を知らないで生きてきたか、
ということも深~く実感する機会でもありますね。

興味あることを知れば、それは嬉しいし、楽しいですが、
別に知らなくたって今の今まで生きてこれたんですね。

勉強は、自分に合ったやり方で構わないと私は思います。
人によって関心や興味の度合いも、情熱も、使える時間も違いますし、
やり方もいろいろあっていい、その方がごく自然だと思います。

学校で教えられたような詰め込み暗記方式が得意な人もいれば、
自分で考えて確認しながら納得して理解に至りたいと思う人、
広く浅くいろんな分野を手がけて、ある程度ですぐわかる人、
と、いろいろですもの。


<編集後記>

どうやったらわかるようになりますか?
と、たまに聞かれることがありますが、それは正直私にはわかりません。
ただ、自分はこのように勉強して、このように理解に至りました、
ということは言えるかもしれませんが、
その方法がそのまま誰人にも合うやり方だとは限らないと思うからです。

知ることについて、同じなのは、理解への到達点だけで、
そこへの入り口や、方法については、いろんなやり方があっていいと思います。
逆にいえば、
記事でいろいろ思ったことを書いてはいますが、
自分はこう思うからそれが普通だ、誰人もそうあるべきだ、
というものでは「ない」のです。

自分に合う方法を見つける、言葉でいうのは簡単ですが、
私は今までいろいろやってきて、
実際はそう簡単なことではないと感じています。
その人に何が一番合っていて効率がいいのかなど
他人が簡単に、それも完璧にわかるはずはないと思ってしまうのです。

しかし、何かしらのヒントや参考になることはたまによくあるものです、
それは自分もたくさん経験しています。
今まで疑問で考えても分からなかったことに対して、
まったく別のなんでもないことからヒントを得て、
ふと、そうか!あれはこういうことだったんだ!と。

願わくば、この記事も、過去の記事でも、
たまたま目にした方々の何らかの理解へのヒントになるならば、
それはとても嬉しいことです。








くる天 人気ブログランキング 


関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

魔女の惑星

Author:魔女の惑星
占い師のミルラです

西洋占星術
タロットで
下記のサイトでメール鑑定をしています
相占net http://www.urap.jp/



個人鑑定はHPにて受付中
http://mirura-astrology.webnode.jp/






















くる天 人気ブログランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ


現在の閲覧者数:




アクセスカウンター
(2012年7月23日より設置)

最新記事

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 430

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

フリーエリア

BMIチェッカー健康君

ブログ翻訳

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

にゃんこの時間

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR